クルーズの寄港先でレンタカーを借りる

これまで4回クルーズ船に乗ったことがありますが、両親と一緒に回ったコスタロマンチカとダイアモンド・プリンセスでは、寄港地でレンタカーを借りて観光して回りました。クルーズ船が用意するオプショナルツアーがありますが、値段が高い上に団体行動になるので、足取りが遅い老夫婦には追いつくのが大変なのと、好きな場所に行けないというのが大きな理由です。以下に挙げた港では、実際にレンタカーを借りたので、みなさんのクルーズ旅行の参考に情報を共有しておきます。

<<<境港>>>

フリーレンタカー  境港クルーズ客船(出張営業所)

港の岸壁までクルマを届けてくれます。船を降りてすぐに乗れるのが便利。足立美術館がおすすめです。

1

 

<<<舞鶴>>>

オリックスレンタカー 舞鶴港クルーズ船カウンター

岸壁から歩こうと思えば歩ける距離ですが、クルーズ船の近くにタクシー乗り場があるので、お年寄り同伴なら、ちょっとだけ乗るのも手です。天橋立や伊根の舟屋へ行きました。

2_20190829071001

 

<<<福岡>>>

日産レンタカー 天神店

近くにレンタカー店はありませんが、繁華街までバスやタクシーが簡単に拾えるので、タクシーでレンタカー店まで行くことをお勧めします。ここから太宰府天満宮まで行ってきました。

3_20190829080001

 

<<<下津>>>

カースタレンタカー和歌山西浜店

この港でレンタカーを借りるのはかなり至難の業です。クルーズ船が用意したシャトルバスで和歌山市内へ向かうか、徒歩で2km離れたレンタカー店まで行くかです。ダイアモンド・プリンセスで寄港しましたが、タクシーには待ち行列ができていたので、キックボードを使ってカースレンタカーまで移動しました。それを見たお店の人は笑ってました。乗客はほとんど和歌山市内へ出かけたようですが、我々は醤油づくり体験に出かけ南下しました。穴場です。

4_20190829081101

 

<<<高知>>>

タイムズレンタカー高知駅前

高知の港の近くにはまったく店舗がありません。クルーズ船が用意したシャトルバスではりまや橋バスターミナルまで移動し、そこから徒歩でレンタカー店まで移動します。今考えると、4人でシャトルバスの料金を払うなら、タクシーで店舗まで移動でも良かったかも。ただし、かなり離れているのでタクシー料金が心配です。坂本龍馬記念館や坂本龍馬像などあります。

5_20190829082001

 

<<<長崎>>>

トヨタレンタカー大浦店

クルーズ船が接岸する場所から、ほぼ道を渡って反対側にあるので、とてもアクセスが良いです。ただ、路面電車が走っているので、道の反対側からクルマの返却にやってくると、どういうふうに店に入っていいのか迷います。午前は軍艦島に上陸し、午後にはカトリック馬込教会に行きましたが、ここは道が細いので最後までクルマで登らないことをおすすめします。

6_20190829082601

 

<<<油津>>>

ニコニコレンタカー日南星倉店

以前に油津に行ったことがあるので、現地での足の確保はとても心配でした。唯一見つかるレンタカー店も8kmぐらい離れていて、とても歩いていける距離ではありません。当初はシャトルバスで油津駅に移動し、そこから2駅先まで移動して、歩いてレンタカー店まで行くつもりでした。しかし、問題は電車の本数が極端に少ないので、1本乗り遅れると1時間予定が狂います。ところが、油津はプロ野球カープのキャンプ地で、観光客がたくさんやってくるところだけあって、タクシーも頻繁に回っており、電話するとすぐに迎えに来てくれます。結局、接岸したところからタクシーに乗ってレンタカー店まで往復しました。他にも数組、同じようにしていました。鵜戸神宮や青島神社があります。

7_20190829083001

以上、これまでクルーズで借りたレンタカー情報ですが、みなさんのお役に立てば。

| | コメント (0)

確かに旨いです、柚子梅つゆ

Img_20190828_072428

下津港から湯浅醤油に行った時、売店に入ったら、この瓶がズラッとならんで、テレビで紹介されたと書いてありました。まあ、そういうのは気にしないほうですが、試しに試飲(ゴクゴクと飲むわけじゃないです。スプーンにちょっと垂らして舐める程度)してみると、柚子の風味が広がってとっても美味しい。 帰りに自宅と留守番のオバちゃん用に、合計3本買ってきました。

普段、そうめんなどを食べる時は、ネギ、生姜、みょうがなど、薬味をいくつか用意して、つゆに入れながら食べるのですが、この柚子梅つゆを使うと、柚子の香りが薬味の代わりになって、他に何も足すことがないです。

Img_20190817_160922

この写真、よーくみたら気づくかもしれませんが、キャップの色が赤いです。もともとは桃色なんですが、テレビで紹介されてたくさん売れたため、キャップの製造が追いつかず、一時的に赤いキャップを使っているそうな。 

| | コメント (0)

醤油づくり体験が面白い。醤油発祥の地、浅田醤油

この前、クルーズ船にのって和歌山県の下津港に行きました。いつも港ちかくでレンタカーを借りて観光するのですが、和歌山市内にいっても平凡なので、なにかおもしろいものがないか探してみたら、和歌山県有田郡湯浅町というのは、醤油発祥の地、らしいです。工場見学と醤油づくり体験たできるというので、湯浅醤油にGO。

Img_20190817_150221

クルーズ船が接岸した場所から、30km、クルマで小一時間ぐらいで着きます。この樽は現役で醤油が入ってます。もう樽を作れる職人さんがいなくなって、この形のはもう手に入らないんだとか。

Img_20190817_150519

醤油の原料は、大豆、麦、塩、麹カビ、水。なぜここが醤油発祥の地になったかといえば、金山寺味噌を作ったときに溜まった汁を飲んでみたらうまかったので、それがだんだん醤油になっていった、とのこと。やっぱり味噌と醤油は紙一重なんですね。

Img_20190817_151122

いま仕込んでいる最中の醤油。1つの樽で、一升瓶で3万本だったかな?3千本だったかな。醤油が作れるそうです。

Img_20190817_151753

できあがってきた醪は、この機械で絞って、滴り落ちたのが醤油。

Img_20190817_152933

で、有料なのですが、工場見学をしたあと、醤油づくり体験をします。大豆にはすでにカビがついていますが、これらの材料をペットボトルの中に仕込みます。

Img_20190817_155729

問題なのが、この仕込んだ醤油を持って帰って、1年ぐらい世話して、やっと本物の醤油になるらしいです。最初の1週間は頻繁にかき混ぜたり空気を入れ替えたり。いまからだと正月ぐらいには、まあまあ若い醤油として味わえるそうな。 まるでぬか床の世話みたい。 でも醤油がどんな風にできあがるのかよく分かりました。和歌山県にいったら体験してみてください。

| | コメント (0)

元気でニャー!猫の自動体重測定マシンができたよ

うちにはモフモフとスーちゃんという2匹の猫がいますが、子猫で家に来てから、ずっと体重を測って健康管理をしています。だって、動物なんて食べなくなったら、あっという間に終わりですから。人間も一緒。で、これがモフモフの体重グラフ。いま、だいたい5.9kgぐらい。

Graph3

そして、これがスーちゃんの体重グラフ。いま、大体、3.8kgぐらい。赤い丸で囲んだところがありますよね。実は、2014年12月に急に具合が悪くなって、動物病院に行ったんですが、病院で体重を測るまで、激減していることに気が付きませんでした。なんせ、スーちゃんは私に抱っこもブラッシングもさせてくれなくて、体重を測るときは部屋の隅に追い込んで捕まえないといけないもので、そう、ちょくちょく測ることができませんでした。これ以来、いつか自動で体重を測ってくれる装置を作りたいな、といくつか部品を買ってあったのですが、スーちゃんに健康に戻ってくるとだんだんめんどくさくなって。そのままでした。

Graph2

ところが、この前、久しぶりに体重を測ろうと、ベビースケールの電源を入れてみたけど入らない。電池が液漏れして壊れたみたいです。だったら、これを分解して自動体重測定マシンを作ってみようかと。これが壊れて部品取りした残骸のベビースケール。

Img_20190705_091337

そして、これが取り出された部品。歪センサーが4個、コントローラーが1個、液晶が1個でできてます。この歪センサーを使ったら作れるんじゃないかと。

Img_20190705_084238

ネットで調べると、4個をひし形のブリッジにして、電圧を2箇所から掛けて、残りの2箇所の電圧を測ると、体重変化に合わせて数ミリボルトの電圧変化があるようです。その電圧を増幅してデジタルで読み取るのにHX711という部品を使えばいいそうな。そんなわけで、早速Arduinoで回路を作って拾ってきたサンプルプログラムを改造してみたら、ちゃんと測れそうな気配。ほんと微妙な電圧変化なんですね。その計測値をネットにアップロードしたいので、マイコンをArduinoからESP32に変更して、Wifi経由でGoogle Driveのスプレッドシートに計測値を書き込めるようにしました。

Img_20190706_184336

エレキ・ソフトは目処がついたので、今度はメカのほう。板の四隅に歪センサーを埋め込んで、なるべく背丈のない低い体重計に仕立て上げないと。長雨で外でなかなか作業ができなく、部屋の中で丸鋸で板を切ったら、粉がたくさん舞い上がって大変でした。懲りて穴あけは、ちゃんと外でやりました。水中ロボット作ってたから道具がいろいろ揃ってます。

Img_20190707_093246

歪センサーがすっぽりハマる容器を3Dプリンタで印刷してはめ込みます。こんな感じ。ほんのちょっとだけ歪センサーが出っ張るように。あまり出ると、板の高さが出てきて、モフモフが乗ってくれないんじゃないかと思って。

Img_20190707_153455

表側は容器と板の段差がないようにしてあります。これなら足を乗せても引っかからないし、不審がらない気がする。

Img_20190707_153318

仮置きしてみます。いい感じです。2cmぐらい段になるんですけど、これなら乗ってくれそう。

Img_20190707_223801

次に、エレキをブレッドボードからユニバーサルボードに移植して、裸にならないよう3Dプリンタでケースを作ります。ESP32はmicroUSBで電源を供給し、歪センサーとの間は4端子のコネクタで接続するように。こうすれば、このコントローラーだけ取り外して修理や改造ができる。

Img_20190708_182350

板の裏側は4隅から伸びるケーブルを1箇所にまとめるのにメンディングテープを使いました。溝を掘って埋めようかと思いましたが、まあ、計測の邪魔にならなければいいでしょ。

Img_20190707_223424

そして、最後に板の表面が汚れても掃除ができるように、台所レンジの周りに貼る汚れ防止シートが余ってたのでペタリ。ピカピカしてます。これで食べかすが乗っても水が掛かってもサッと拭けるので大丈夫。左側に4個の皿がありますが、台の上に乗ってます。これは昔、地べたに置いたのを食べる姿を見ていて、もう少し高いほうが食べやすいんじゃないかと、作った台です。この体重計とセットでちょうどいい感じ。奥の2皿がモフモフが好きな缶詰、手前の2皿がスーちゃんが好きなカリカリ。4種類あるけど好きなのをどうぞ、ということになってます。

Img_20190724_100520

さて、設置して乗ってくれるかです。最初は2匹ともちょっと警戒してました。こんなふうに。でも直ぐに慣れてきて、ちゃんと4本の足が乗るようになりましたよ。

Img_20190709_183232

モフモフが食べているときはこんな感じ。

Img_20190709_183323

スーちゃんも最初は板を不審に思ってたけど、直ぐに慣れて、いまはこんな感じで食べてます。

Img_20190713_055817

さて、無事、乗って食事をしてくれるようになりました。計測した値はWifi経由でGoogle Driveのスプレッドシートに書き込まれます。データさえ取れてしまえば、あとは好きに加工できますからね。計測開始してから2週間経過。グラフにしてみるとこうなってます。青がモフモフ、赤がスーちゃん。途中2箇所、計測してないところがありますが、測定中やネットにアップ完了すると音がなるように小さいブザーをつけたりしたので値が落ちてるところがあります。 しかし、ちょくちょく食べてるとは思いましたが、こんなに頻繁にご飯を食べてるとは思いませんでした。 モフモフとスーちゃんは体重に明らかな差があるので、3.6kg、5.9kgのプラスマイナス1kgをそれぞれの体重として、認識するようにしてます。

Graph

たまーに変な値が入って、どちらにも分類されないときがあります。それはこんなシーン。これだけ頻繁に値が入ってくれば、たとえ変な値がきても気づきます。このグラフ、アクテイブな埋め込みグラフにして、いつも目の届くところブックマークページに貼り込んで見てます。

Img_20190719_184511

そんなわけで、長年、構想していた自動体重測定マシンが無事完成し稼働開始しました、という話です。

| | コメント (1)

20万キロ超えたメルセデスをユーザ車検に通してきました

今年で初回登録から9年目、20万キロ超えてるE350カブリオレです。買ったディーラーが店舗統合でなくなってしまい、車検1ヶ月前になっても案内の音沙汰なし。あの案内ってのはディーラーのシステムで通知されてくるわけではないんですねぇ。きっと担当の営業さんが遠い店に行ってしまい、それで来なくなったんですかねぇ。新車やフェアーの案内とかも来ないし。

前々から一度やってみたかったユーザー車検。20万キロ超えてますが、この半年ぐらいでいくつかメンテナンスをしたので、このまま素人でも車検パスするんじゃないかと、ほのかな自信はありました。昨年10月にはキセノンランプのバルブ交換、12月にはスパークプラグ交換、今年1月にはエンジンマウント・ミッションマウント交換、2月にはブレーキパッドとディスク交換。4月には冬タイヤから夏タイヤに入れ替えついでに新品の夏タイヤ。エンジンオイルは警告灯が付けばちゃんと換えてるし、走っていてもどこも不具合を感じないし、下回りもキレイだし。というわけで、5月になって、俄然、ユーザー車検やってみよう気分が盛り上がってました。

ネットでいろいろユーザー車検について調べてみましたが、一番参考にしたのは、ここ、です。書類はいくつか必要ですが、まずは自分で車を点検して24ヶ月定期点検整備記録簿をつけました。ネットによれば点検簿がなくても通るという話ですが、一応、紙に従ってどういうところが点検対象か確認しながら車を見てみます。24ヶ月定期点検整備記録簿はここからダウンロードしてプリンタで印刷して使いました。

点検では液関係はエンジンルームを開けたらすぐに確認できるので、車体の裏側から見ないとわからないものは省略のPマークを。該当しないところは斜線、チェックしたところはレマークをつけて、交換した時期やタイヤの空気圧など数字が分かるものは、空いた場所に書いときました。スペアタイヤの空気圧。これ、この前、冬タイヤに交換する直前にパンクして初めて使ったときに、空気圧が少なかったのでドキドキものでしたので、今回、ちゃんと既定値の4.2Mpaまで空気を足しときました。

Img_20190612_112638

あと気になったのはエンジンのVベルト。前に交換したことあるけど、目視して押して見た限りでは問題なさそう。パーキングブレーキも踏みシロはあるから、たぶん大丈夫でしょう。だいたい、駐車のときはPレンジに入れて置くから、パーキングブレーキなんてアテにしてないんですけど。

Img_20190612_102506

あと、ディーラーに車検にだすと下回りを温水の高圧洗浄機で洗うので、うちもケルヒャーと下回りノズルを持っているので、念の為、洗っておきました。おととい、金沢から大雨の中を新東名高速道路で帰ってきたものですから、あの雨で裏側は結構キレイになっているんじゃないかとも思いましたが。タイヤハウスの近辺はやはり汚い砂がいくらか出てきます。

さて、点検したし下回りも洗ったし、いつ車検に行くかです。ユーザー車検を受けるとき、ホームページから予約しておかないといけません。横浜の場合は、関東運輸局神奈川運輸支局のホームページにいって、アカウントを作って予約を入れます。車検は平日の午前2回、午後2回、合計4回に分かれてます。各回をラウンドと言ってるみたいです。一応、心の準備もあるので、あす14日の4ラウンドに予約を入れておきました。予約は何回でも変更できるので、都合が悪くなったら後ろにずらしたり、前にしたりできます。

あとは勇気を出して行ってみればいいんですが、ネットでは予備車検を受けたほうがいい、というので車検場の近くの民間の予備車検場に持っていってテストしてもらうことに。ネットで出てきたのはヨビケン横浜というお店です。テスターを使ったチェックが3500円。輸入車だと+500円。下回りの検査をしてもらうなら+500円。なので、今回は4500円かけるつもりで、明日に入れておいた車検予約でしたが、きょう持っていって見てもらうことに。

Img_20190613_103640

裏通りにあるので場所は分かりにくかったですが、到着したら数台の車がテスター待ちをしてました。交通整理をしているオジサンに、予備車検をしたいと伝えたら、車の列の後ろについてくださいと。とくに受付することもなく列に並び、順番を待ちます。自分の番になったら係の人に初めてなんですけどぉ、というと「新しいから下回りとか見なくてもいいですよね」「いえいえ、もう9年目で20万キロ走ってます」「ダラダラ液漏れとかしてないなら大丈夫ですよ」と言われ、テスターに乗って指示されるがままに、シフトレバー操作したりウィンカーだしたりブレーキ踏んだり。

Img_20190613_104337

ヘッドライトのバルブは8ヶ月前に交換したから、光軸はズレてないだろうと予想してたんですが、テスターの画面を見てると、右は緑でOK、左はちょっとズレてるみたいで赤が出てました。係の人がドライバーで調整して緑に。光軸ってそんな簡単に狂うもんなんですね。予備車検に来てよかったわ。本番でNGでても困るし。

車検を受けるには、自賠責保険の更新が必要なのですが、ヨビケン横浜でも扱っているというので、予備検査の4000円を払うついでに自賠責保険の25,830円も払って、新しい新旧の保険証がセットになったのをもらいました。

Screenshot_20190613105952

さて、ここまでくるとあとは本番の車検。明日の4ラウンドに予約は入れてあるんですが、今日のお昼までなら、今日の午後に3ラウンドに予約を変更できます。「このまま行っちゃっても車検通りますかね?」「大丈夫だと思いますよ」と言われたので、予約を変更して行ってみることに。いま10時半過ぎで、午後の3ラウンド目の受付は12時45分から。申請書とか書き方は役所みたいに見本が置いてあるから、代書屋さんに頼まなくても見よう見まねで書けますよ。とも言われたので、いまから行って申請書とかゆっくり書いてみることにします。

運輸局到着。駐車場の案内している人に、あの辺が空いてるからと言われた場所に駐車。いま持っているすべての書類を持って2番の建物の7番受付に行きます。そこでは、あっちの建物にいって重量税と手数料の印紙を買って、そこに置いてある継続車検申請書・自動車検査票1・自動車重量税納付書に印紙を貼ってきてから、書き方の案内見ながら書いてね、とありました。なので、早速印紙を買いに行きます。

Img_20190613_114101 Img_20190613_114108 Img_20190613_114115

これが印紙を貼った用紙(すでに記入済み)。重量税がいくらかわからなかったので、窓口で聞いたら、「いまの車検証を見せて」と言われて値段を教えてもらいました。今度はこの用紙を持って、最初の受付窓口付近にある書き方案内をみながら真似て書きます。まあ、そんなに難しいことはありません。今の車検証に記載されている項目をそのまま書き写すぐらいです。書き終わったのが11時45分。午後の3ラウンドの受付まで1時間あるので、近くの立ち食いそば屋に行きます。車検場を出て代書屋さんの並びに「そば久」という立ち食いそば屋で380円のもりそば。ほんと小さい店なんですが、客は車検を受けにきている車屋さんっぽい人ばかりです。

お昼を食べて、車検場に戻り、年金2000万円足りない問題で賑わしいTVを見ながら12時45分の受付が開くのを待ちました。待っているとだんだんと列が出来てきて、どうせ慌てる必要もないので、10数人ぐらいで列が長くならなくなってから並んで受付に。受付でこのあとどうしたらいいのか聞いたら、初めてなら7番コースに行ってくださいと言われました。

Img_20190613_131134 

この一番右側が7番コース。少しずつ少しずつ進むと、入り口の手前ぐらいで、まずはウィンカーとかバックライトとか外回り関係のチェックをしてくれるお兄さんがいて、言われるママにボンネット開けたり、ライトつけたり。「初めてなんです」と言ったら、ハザードつけながら入っていくと、中の検査員が一緒について回ってくれると。残念ながらこの建物の中は撮影禁止なので絵はありません。ゆっくり進んでいくと、最初はサイドスリップのテストで、次にブレーキ関係とスピード計測の台車にのって、次に排気ガスの測定して、次に下回りの台車にのってゆらゆら揺さぶられて。途中、2回、自動車検査票1を機械に通して打刻をしてもらいますが、よくわからないながらも、検査員と電光掲示板の言う通りに操作していれば終わります。 最後に総合評価の窓口に書類一式をだし、返された書類を後ろの窓口に出すと、新しい車検証とシールが渡されました。「これで帰っていいんですか?」「はい、終わりです」ですと。

なーんだ、こんなんで車検って終わりなんですねぇ。これが貰ってきたシールや領収書類です。しかし、平日の昼間しか車検場は開いてないし、実際に車に乗っていって戻ってこないといけないので、半日仕事になっちゃいます。車検代行料が1万数千円掛かるのは、この手間を考えれば妥当なところかと思います。あと整備点検の料金や、余計な部品交換の費用を抑えることを考えると、たぶん10万円ぐらいは節約になったかと思います。普段からよく車に乗って調子の良し悪しが分かって、簡単な車の仕組みを知っているなら、ユーザー車検をやってみてもいいと思います。もう20万キロも走ってると、ディーラーに出したところで、あとから悪いところは出てくるもんですしね。もともと車にセンサー類がいっぱいついてて不具合は警告灯が点灯するし。ゆるみ・ガタ・亀裂とかセンサーではわからないところを気をつけていれば。

Img_20190613_144732

| | コメント (0)

ハンコック Ventus V12 evo2の評価

4月に履き替えてから、かれこれ2500kmほど走ったので、この辺でタイヤの評価をしたいと思います。

Img_20190612_130002 Img_20190612_130029 Img_20190612_130045

■総評

ハンコックは韓国メーカーですが、メルセデス・ベンツの認証タイヤに採用されるぐらいなので、基本的に技術は信頼してもいいかと思います。このタイヤの一番の特徴は、真円であることです。路面のいいところではタイヤが回っているのかどうかわからないぐらいキレイに回ります。XL規格なので、サイドウォールが薄い割には硬さを感じます。路面に当たる部分のゴムも少し固めの気がして減りが遅そうです。

■ハンドリング

柔らかいのが好きなので空気圧を低めの2.2barにしてますから、ハンドリングはしゃっきりはしてませんが、規定通りに入れれば普通かと思います。角が丸いのでコーナーリングはなめらかで、角の引っ掛かりを感じません。直進安定性も十分です。速度記号がYなので最高速度は300km/h以上ですが、日本じゃ関係ありません。

■グリップ

普通だと思います。昨日、土砂降りの中、新東名を走りましたがウェットグリップも申し分ないです。タイヤが浮くようなこともありませんでした。

■音

接地面のゴムが硬い気がするので、路面を叩く音は少し大きい気がします。

■燃費

特別、燃費が悪くも良くもなく普通です。

■耐久性

タイヤの減りが遅い気がします。丸い凹みが付いていて減り具合が分かるようになっています。

 

| | コメント (0)

どんなときもWifiは本当に容量無制限なのか?

4月あたりから気になる広告がWebでちょくちょく入るようになりまして。容量無制限のモバイルルーターで月々4千円以下。それもDoCoMo、ソフトバンク、auの3キャリアに対応しているので、場所も選ばないという。とっても怪しい謳い文句なのですが、これが本当なら富士山の電波の入りが悪くて、WOWOWやAmazon Prime Videoを見てると、あっという間に3日で10GBぐらい消費してしまって、その月は沈黙。みたいなことが起こっている人にとっては夢のような仕様です。

どうしようかなぁ~、なんか怪しいよねぇ、と気にはしてましたが、これが本当なら、もう容量に悩まされることはありません。思い切って契約してみることに。いま、申込みが殺到していてモバイルルーターの在庫がなくなり5月末までに順次発送になってたところ、無事、6月1日に届きました。色は何色でもいいんで、シャンパンゴールドみたいな色にしました。

Img_20190603_131800

これが契約書など以外に届いた本体部分です。これ一式がレンタルしていることになっているので、契約解除のときは、本体、箱、USBケーブル、取扱説明書をまるごと返さなければいけませんので、大切にとっておきましょう。

Img_20190603_131838

本体の大きさは一般的なスマホぐらいで丸みがあります。裏面にSSIDとパスワードが書いてあるので、これを打ち込めばOK、AOSSのようなボタンは見当たらないです。操作は電源ボタンだけ。電源を入れるとしばらく携帯電源のマークが点滅してますが、たぶん、このときに3キャリアのうち、一番、電波の入りがいいのを探しているのではないかと思います。次にWiFiアンテナマークが点灯して、Wifi電波が飛び始めたことを示します。電池マークはmicroUSBで充電しているときに点滅します。あと4連LEDで電池残量を示すぐらいで、他には情報を表示するものがありません。至ってシンプル。

Wifiを繋げるときは本体に書かれているデフォルトのSSID:GlocalNet_XXXXとパスワードで接続できます。2.4GHzの電波で5GHzではないです。モバイルルーターの設定画面のIPアドレスは192.168.43.1でちょっと変わってます。開いてみるとこんな感じ。

Photo

真ん中にある端末管理という文字をクリックするとログオンできて、ホーム画面はこうなります。

2

ほとんど設定することはありません。SSID(Wifi名)、パスワードのところをクリックすれば編集ができます。

3

クライアントの画面では、現在接続中のクライアントの一覧がでます。このモバイルルーターは最大5台まで繋げられるので、6台目をつなげようとすると、ネットワークエラーで拒否されます。右側のスライドスイッチで個々のクライアントの接続を拒否できますが、MACアドレスしかわからないので、どんなクライアントかよくわかりません。有名な装置では左側の丸いアイコンにマークが出ますが、いままで見たことあるのはファーウェイとAppleぐらいです。

4 

一番右の設定では、いくつか有用な項目がありますが、ログオンアカウントの変更ぐらいで、他に役立つものはないでしょう。このモバイルルーターはクラウドSIMといって、物理的なSIMが入っていないようで、それでも追加で2枚、物理的なSIMをさせるようになっていて、そのSIM切り替えが「SIMカード管理」という項目です。でも、容量無制限なら、わざわざ自分のSIMを刺さないですよね。

5

いちばん興味深いのは、詳細の項目にあるhttps://glocalnet.jp/というアドレスで、ここをクリックして開くサイトには、海外向けの容量無制限のモバイルルーターの契約があり、日本エリアがオプションになってます。内容がよく似ているので、もともとはこの仕様の商品だったのを、月額400円の基本料金に、日本国内プランのデータ定額、を足し込んだものが、このモバイルルーターの契約みたいです。

さて、本当に容量無制限なにか? ですが1日に到着してWOWOWオンデマンドとYouTubeとAmazon Prime Videoをガンガン再生して、1日目に13GBほど、2日に12GBほど、3日の今日までに30GB以上は使っていると思いますが、制限が掛かっている様子はないです。

61786702_2856391871101599_90677826460791

富士山周辺で電波を奪い合うこともなく、おまけに土日は空いているためか、いつも下りが20Mbps以上、上りは5Mbps以上でていました。

6_1

横浜に帰ってきて、いまは月曜日の午後ですが、ずいぶん落ちてきて、下り12Mbps、上り5Mbpsぐらいになっています。これぐらいが下限だったらいいんですけどね。ちなみにいま、どのキャリアを捕まえているかは、ログオンしてもわかるところがありません。ただ、Windowsのコンソールでtracertコマンドで、どこかのIPへのルートをたどると、途中にキャリアっぽい名前が出てくることがあるので、それで判別はつきそうです。

7

これは自宅のWebサーバまでのトレースですが、途中にソフトバンクの名前が出てきます。なので、たぶん今はソフトバンクの電波を捕まえているのでしょう。

そんなわけで、開通してからやっと3日目に突入したばかりですが、容量無制限が無いのは本当のようです。あとは2年縛りがあるのと、2年目以降は割引が少なくなって値段が上がるのが心配なところです。

| | コメント (0)

AQUAS 4T-C50AJ1を壁掛けテレビにする

 寝室にシャープの初代液晶テレビがありまして。リフォームしたとき壁掛けテレビにするべく、壁に補強の板を入れてもらってました。あれから20年、電波はアナログから地デジになり、バッファローの地デジチューナーをつけてましたが、そもそも20インチだとベットに寝転んで見るには小さくて、近年はほとんど使っていませんでした。 地デジは4K放送も始まってテレビの値段も相当さがってきたことから、この辺で新しい50インチぐらいに交換することに。 そうすると、壁に入れてもらった板がどの辺にあるのかですが、すっかり忘れてしまって。


Img_20190508_182918


そこで登場するのが下地センサーなる道具。Amazonで1998円でかいました。電源入れて5秒間キャリブレーションしたあと、壁の表面をなぞると下に間柱があったり板があったりすると、センサーが反応してバーグラフと音でお知らせ。その様子がこれ。なかなかわかりやすくで簡単です。


 


そして板の入っている範囲が判明しました。この青い付箋紙で囲まれたところが板が入っている部分。リフォーム中に、今後は壁掛けテレビが主流になるだろうから、ここにテレビを掛けられるように補強の板を入れてほしいとお願いしたんですが、場所がちょっと下すぎて、寝てみるには高さが足りなく、前の20インチテレビは板の上側ギリギリにつけてました。


Img_20190510_084411


さて、壁に取り付ける金具ですが、なるべく下向きに傾斜させたいので、ちょっと工夫が必要です。この50インチテレビの下側はスピーカーの膨らみがあって、壁にかけて下に向かせるとスピーカーの部分が壁にあたってあまり下向きになりません。なので、金具に付属のスペーサーを使って、すこしTVと金具を離します。そして、なるべく金具が下になるようギリギリまで。これでだいたい20度ぐらいは傾けられました。


Img_20190510_121934


壁に取り付ける側の金具ですが、水平器が付いていて、それを上部に取り付けて作業すると水平が簡単に分かります。まあ、それでなくても昔のテレビの穴が空いているので、それを利用すれば水平だったんですが。金具の右側にあるのは、リフォームのときにつけてあったコンセントとアンテナの口です。


Img_20190510_123803


設置のほうも奥様と二人がかりで、なんとかできました。昔に比べて大きい割には軽い気がします。B-CASカード入れて、アンテナケーブルつないで、コンセントを差し込んだら起動しました。画面はAndroidスマホと同じ。これ、でっかいAndroidタブレットみたいなものじゃん!


Img_20190510_151851


地デジもBSもケーブル接続は間違っていなかったみたいです。簡単な設定をしてAndroidスマホと同期させたら、Wifi設置とかGoogleアカウントとか同じものがTVのほうに乗り移りました。うちはHDDレコーダーがDIGAで離れた部屋においてあって、録画予約や消去はネット経由でおこないます。最初のうち、どうやったらDIGAの録画を再生できるのかわかりませんでしたが、TVのファームを最新にしたら、アプリでホームネットワークアプリというのが登録できて、それを使うとDIGAの再生もできるようになりました。YouTubeやAmazon PrimeはTVにもともと入っている機能で見れるし、まあぁ、便利になったこと。


Img_20190510_155435


こう便利になってくると、最近、YouTubeでなんとか王とかクイズ番組をよく見ている奥様が、引きこもりにならないか心配であります。



| | コメント (0)

冷蔵庫から食卓へ直行、ドレッシングケース

Img_20190422_085249

我が家は割とサラダを食べる方なのですが、ドレッシングは3-4種類揃えていて、気分によって好きなのを食卓で掛けるほうです。そうするとたくさんのドレッシング容器を冷蔵から食卓に運ぶのですが、一度に抱えるのが割と難しくて、いい方法がないか考えてました。こういうのはどうでしょうね。一列に並んだドレッシングケース。冷蔵庫のポケットからそのまま引き上げて食卓へ。使ったあともそのまま持っていってポケットにポイ。持ち運びがとても簡単になりました。最近、こういうちょっと便利なグッズを3Dプリンタで印刷して、日々、カイゼンをしてます。モデルファイルをおいておくので宜しかったらどうぞ。20cm四方の印刷ができるプリンタなら一度に印刷できます。3本はキューピーのドレッシングにピッタリ合うようになってます。四角いビンはマルタのえごまオイルです。

Img_20190422_085305

Img_20190422_085531

ダウンロード - dressingcase.zip

 

| | コメント (0)

ハンコック Ventus V12 evo2の街乗りレポート

Img_20190418_083744

はい、タイヤをハンコック Ventus V12 evo2に履き替えて1週間経ちました。まだ高速にも行ってないし、大雨にもあってないので、街乗りだけの印象レポートです。このタイヤ、角がなくてコーナーを曲がるとき、とってもスムーズ。側面で立っているタイヤはカーブを曲がるときに、タイヤのゴリゴリ感やヨレるのを感じますが、このタイヤはそれがまったくありません。側面が薄くて柔らかいので、タイヤが傾いたときでも膨らみを保ったままなのだと思います。 だから見た目には、脇が膨らんでいて、かっこよくないとかいう人もいるでしょう。でも、私はこういうタイヤが好きです。高速でも安定しますし。この感じは、ミシュランのMXV8以来だと思います。

日々、タイヤを見ていて、ちょっと潰れ気味だから、空気圧が2.2kPaより低いのかなあ、とゲージでは買ってみたら2.5kPaありました。そうなんだぁ、これで2.5もあるんだぁ。と。音は少し大きい気がします。ただ、いつも空気圧を低めの2.2kPaぐらいにしているので、同じく落としたら音も小さくなるかもしれません。いまは表面が硬い感じがして、路面のザラザラ感がハンドルでよくわかります。

Img_20190418_083916

角もご覧のとおり丸いので、たぶん高速は安定すると思ってます。

| | コメント (0)

«タイヤをハンコック Ventus V12 evo2に替えました