AQUAS 4T-C50AJ1を壁掛けテレビにする

 寝室にシャープの初代液晶テレビがありまして。リフォームしたとき壁掛けテレビにするべく、壁に補強の板を入れてもらってました。あれから20年、電波はアナログから地デジになり、バッファローの地デジチューナーをつけてましたが、そもそも20インチだとベットに寝転んで見るには小さくて、近年はほとんど使っていませんでした。 地デジは4K放送も始まってテレビの値段も相当さがってきたことから、この辺で新しい50インチぐらいに交換することに。 そうすると、壁に入れてもらった板がどの辺にあるのかですが、すっかり忘れてしまって。


Img_20190508_182918


そこで登場するのが下地センサーなる道具。Amazonで1998円でかいました。電源入れて5秒間キャリブレーションしたあと、壁の表面をなぞると下に間柱があったり板があったりすると、センサーが反応してバーグラフと音でお知らせ。その様子がこれ。なかなかわかりやすくで簡単です。


 


そして板の入っている範囲が判明しました。この青い付箋紙で囲まれたところが板が入っている部分。リフォーム中に、今後は壁掛けテレビが主流になるだろうから、ここにテレビを掛けられるように補強の板を入れてほしいとお願いしたんですが、場所がちょっと下すぎて、寝てみるには高さが足りなく、前の20インチテレビは板の上側ギリギリにつけてました。


Img_20190510_084411


さて、壁に取り付ける金具ですが、なるべく下向きに傾斜させたいので、ちょっと工夫が必要です。この50インチテレビの下側はスピーカーの膨らみがあって、壁にかけて下に向かせるとスピーカーの部分が壁にあたってあまり下向きになりません。なので、金具に付属のスペーサーを使って、すこしTVと金具を離します。そして、なるべく金具が下になるようギリギリまで。これでだいたい20度ぐらいは傾けられました。


Img_20190510_121934


壁に取り付ける側の金具ですが、水平器が付いていて、それを上部に取り付けて作業すると水平が簡単に分かります。まあ、それでなくても昔のテレビの穴が空いているので、それを利用すれば水平だったんですが。金具の右側にあるのは、リフォームのときにつけてあったコンセントとアンテナの口です。


Img_20190510_123803


設置のほうも奥様と二人がかりで、なんとかできました。昔に比べて大きい割には軽い気がします。B-CASカード入れて、アンテナケーブルつないで、コンセントを差し込んだら起動しました。画面はAndroidスマホと同じ。これ、でっかいAndroidタブレットみたいなものじゃん!


Img_20190510_151851


地デジもBSもケーブル接続は間違っていなかったみたいです。簡単な設定をしてAndroidスマホと同期させたら、Wifi設置とかGoogleアカウントとか同じものがTVのほうに乗り移りました。うちはHDDレコーダーがDIGAで離れた部屋においてあって、録画予約や消去はネット経由でおこないます。最初のうち、どうやったらDIGAの録画を再生できるのかわかりませんでしたが、TVのファームを最新にしたら、アプリでホームネットワークアプリというのが登録できて、それを使うとDIGAの再生もできるようになりました。YouTubeやAmazon PrimeはTVにもともと入っている機能で見れるし、まあぁ、便利になったこと。


Img_20190510_155435


こう便利になってくると、最近、YouTubeでなんとか王とかクイズ番組をよく見ている奥様が、引きこもりにならないか心配であります。



| | コメント (0)

冷蔵庫から食卓へ直行、ドレッシングケース

Img_20190422_085249

我が家は割とサラダを食べる方なのですが、ドレッシングは3-4種類揃えていて、気分によって好きなのを食卓で掛けるほうです。そうするとたくさんのドレッシング容器を冷蔵から食卓に運ぶのですが、一度に抱えるのが割と難しくて、いい方法がないか考えてました。こういうのはどうでしょうね。一列に並んだドレッシングケース。冷蔵庫のポケットからそのまま引き上げて食卓へ。使ったあともそのまま持っていってポケットにポイ。持ち運びがとても簡単になりました。最近、こういうちょっと便利なグッズを3Dプリンタで印刷して、日々、カイゼンをしてます。モデルファイルをおいておくので宜しかったらどうぞ。20cm四方の印刷ができるプリンタなら一度に印刷できます。3本はキューピーのドレッシングにピッタリ合うようになってます。四角いビンはマルタのえごまオイルです。

Img_20190422_085305

Img_20190422_085531

ダウンロード - dressingcase.zip

 

| | コメント (0)

ハンコック Ventus V12 evo2の街乗りレポート

Img_20190418_083744

はい、タイヤをハンコック Ventus V12 evo2に履き替えて1週間経ちました。まだ高速にも行ってないし、大雨にもあってないので、街乗りだけの印象レポートです。このタイヤ、角がなくてコーナーを曲がるとき、とってもスムーズ。側面で立っているタイヤはカーブを曲がるときに、タイヤのゴリゴリ感やヨレるのを感じますが、このタイヤはそれがまったくありません。側面が薄くて柔らかいので、タイヤが傾いたときでも膨らみを保ったままなのだと思います。 だから見た目には、脇が膨らんでいて、かっこよくないとかいう人もいるでしょう。でも、私はこういうタイヤが好きです。高速でも安定しますし。この感じは、ミシュランのMXV8以来だと思います。

日々、タイヤを見ていて、ちょっと潰れ気味だから、空気圧が2.2kPaより低いのかなあ、とゲージでは買ってみたら2.5kPaありました。そうなんだぁ、これで2.5もあるんだぁ。と。音は少し大きい気がします。ただ、いつも空気圧を低めの2.2kPaぐらいにしているので、同じく落としたら音も小さくなるかもしれません。いまは表面が硬い感じがして、路面のザラザラ感がハンドルでよくわかります。

Img_20190418_083916

角もご覧のとおり丸いので、たぶん高速は安定すると思ってます。

| | コメント (0)

タイヤをハンコック Ventus V12 evo2に替えました

Img_20190410_103754

メルセデスの新車タイヤにハンコックが採用されているのをみて、ちょっとハンコックも試してみようかと、昨年から準備しておいたタイヤに履き替えました。いつも、タイヤを新しくするときは、TOMOタイヤサービスに出張していただいて、うちの駐車場で交換してもらっています。あいにく雨、山の方は桜の季節なのに雪が積もってます。もう雪はないと思ってたのに、今年は冷夏になるのかも知れませんね。

Img_20190410_102352

このタイヤ、角が少し丸くって、側面の皮も薄めで、なんとなくミシュランっぽい感じがします。だから乗り味は柔らかいんではないかと。

TOMOタイヤサービスさんへのお願いはこれで3回目。これまで他のサービスを4回ほど使いましましたが、機械の整備や個人の腕の差問題で、そっちは使わなくなりました。要するにバランスが取れないわけで、走ってみると微妙にブレるのです。その点、TOMOタイヤサービスさんはレースを本業としているだけあって、これまでの2回とも、まったく問題ありません。流石だなと思います。だから、今回もお願いした次第でして。昨日、マレーシアから帰ってきたそうで、最近、よく海外に出かけてますね、と訪ねたら、日本のメーカーは夏のレースに合わせるためのテストを、冬にマレーシアに行ってやるそうです。寒いコースではテストにならないからと。それに、あちらのほうがコース借りるコストも安く、空輸するコストを考えても、あちらのほうが安いそうで。

このハンコックタイヤ。仕上がってくるタイヤを見てたら、回転方向があるんですね。ローテーションは前後しかできません。ま、前後のサイズが違って回転方向があったら、まったくローテーションできないから、まだマシですけど。さて、どんな味なのか、またしばらく走ったらレポートします。

| | コメント (0)

薬やサプリを袋詰するマシンを作りました

夫婦揃って、アレルギーや尿酸値の薬を毎日飲むんですが、一緒にいくつかのサプリも飲んでます。毎回、容器から必要個数を取り出すのが面倒なので、奥様は週に1度ほど袋に詰めてますが、それがとても面倒だというので、こんなマシンを3Dプリンタで作ってみました。名付けて「薬袋詰マシン」 なんのひねりもない名前。

完成した姿

同じものが作れるように3Dモデルを上げときますので、必要に応じて印刷してご利用ください。他には直径3ミリx長さ35mmのネジとナットが必要ですが、DIY店に普通に売ってます。

皿には8個の区画がありますが、1つの箇所には穴が当たるので、7袋、1週間分を一度に作れます。薬の錠剤はそんなに大きくないので問題ないですが、サプリでは大きなものがあるので、たくさん入れると引っかかるときがありますが、そういうときはツンツンして落とします。前は薬やサプリをランチョンマットに並べて、それを1袋ずつ摘み入れてとやってました。一応、時間短縮になるということです。

皿に薬とサプリを入れたところ

3Dモデルはここからダウンロードしてください => 薬袋詰マシン.zip

 

| | コメント (0)

ファスナーの手作り体験が面白い!YKKの工場見学

ホタルイカを見に行ったのは滑川なのですが、他に観光スポットがほとんどありません。なにかないかなぁ、と、こういうとき現地で「工場見学」で検索してみると、意外と面白いものが見つかるのでおすすめ。今回は2つとなりの黒部市にYKK本社があり、ここにYKK Center Parkというファスナーについてのミュージアムがあるのを見つけました。YKK、みんな知ってるYKKですが、こんなところが地元だったのですね。9時から開いているので早速行ってみます。

Img_20190326_115709

YKKって、会社の名前だと思ってました。いや、確かに今は会社の名前なのですが、ついこの前まで、「吉田工業株式会社」が会社名で、その頭文字Yoshida Kougyo Kabushikigaisyaの頭文字を取って、YKKというのがファスナーの商標だったのでした。YKKのほうが全然有名。偶然かわかりませんが、YKKがある住所も「吉田」です。最初から吉田だったのか、あとから吉田になったのか。 ちなみにYKKは株式上場してません。あと、この辺にいっぱい工場がありますが、全世界にいっぱい工場を持ってます。まあ、ファスナーってYKKしか作ってないんじゃね? ぐらい有名ですからね。

Img_20190326_093600

敷地内にある建物のうち、2つが展示館になっていて、残念ながら、展示物はほとんど撮影禁止です。子供向けの展示もたくさんあり、いろんなところにファスナーが使われていることや、いろんな種類のファスナーがあることが勉強できるようになっています。 で、到着して受付でどこから来たか記帳してたら、ファスナー手作り体験の看板があって、まだ申し込みできる空きがあったので、やってみることにしました。一人800円です。11時開始で、館内の展示物を一通り説明してもらったあと、手作りコーナーにいって、昔ながらの方法でファスナーを作ってみます。

Img_20190326_104516

いやー、この小さいブツブツ。エレメントと呼ぶのですが、これをクシの隙間に手で1個1個植え付けていきます。これがまた小さくて大変。エレメントには向きがあるので、揃ってないとファスナーが締まりません。私達2人のほかに、春休みなので他に子供が4人いたのですが、もうキャーキャー大変でした。

Img_20190326_104954

エレメントを植え付け終わったら万力のようなもので、挟んでガンガン圧力をかけて、エレメントをテープに食い込ませます。そして、スライダーという移動する部分を取り付け、下止、上止という金具を端に金槌で打ち付けて完成。機械化される前は、これを手作業で一人1日100本ぐらい作っていたそうです。それでは量産できないし、品質が安定しないし、値段も安くならないので、海外から自動化する機械を買って、研究して、自分たち用に機械を作って、それから材料から方式から、いろんなものを追求していったら、世界一になっちゃった。という歴史。

Img_20190326_111240

出来上がったファスナーはキーホルダー型になってて、とてもかわいいです。テープの色、スライダーや引き手はたくさんの種類から選べます。もちろん、これは持って帰れます。

展示のほかカフェもあり、スイーツや昼食も食べられるようになっているので、11時からファスナー作って、お昼を食べて帰る、というコースがいいかもしれませんね。創業者の吉田さんは、亡くなるまで社長をやっていたそうですが、偉そうでなくエンジニアっぽくて腰の低い人だったようです。ホタルイカを見に行ったら、ぜひYKKセンターパークにも寄ってみてください。

| | コメント (0)

ほたるいか海上観光に行ってきました

ホタルイカの素干しって食べたことあります? 酒の肴にはもってこいのおつまみですが。 3月も下旬になりホタルイカのシーズンになりました。一度、あの漁をして光っているホタルイカを見てみたくて、平日に行ってきましたよ。予約が必要ですが、休みの日は結構埋まっています。3月26日は今シーズン2回めの運行だったです。


予めホタルイカミュージアムに行って、ホタルイカの勉強をしてくるのをおすすめします。いきなり行ってもあまり理解できないし、船室で説明しているのがエンジン音で聞き取りにくいので。朝2時半、ホタルイカミュージアムに集合です。受付でお金(一人5千円)を払ったら、チケットと説明書きと、ライフジャケットを受け取って身につけます。無料で観光写真のような日付が入った記念写真撮影も撮ってくれます(あとで人数分もらえる)


Img_20190326_022739


午前3時、観光船の乗るために、港に向かってみんなで歩き始めます。歩いて5分ぐらい離れているでしょうか。


Img_20190326_025652


乗客はたぶん40人ぐらい。それに船員さんが6人。もっと大きな船かと思ったら、いがいと小さい。補助席も使って満員です。


Img_20190326_030204


このホタルイカ観光船は、ホタルイカの漁をしている漁師さんの船に近寄っていって、ちょっと見せてくださいね! という趣旨のものです。だから、漁をしているのは本物の漁師さん。本来なら電気をつけたまま漁をするのですが、最後の最後に電気を消して、ホタルイカが光るところを見せてくれます。仕掛けてある定置網を2隻の船で挟むようにして網を巻き上げていって、最後にホタルイカがざわざわして光るということです。 それにしても、うみねこがたくさん。網にいっしょにかかるイワシなどの小魚を狙ってやってくるそうです。


ビデオをよく見るとテレビ取材のマイクがあるのがわかります。そして水色のカッパを着てひときわ背の高い人がいるのですが、それはタレントのウドちゃんでした。テレビ番組の取材にきて、一緒に漁をしているみたいです。



港にあがったホタルイカを仕分ける漁師さんたち。今回は他の魚もたくさん入ってきて、素手で仕分けをするそうです。


Img_20190326_044842


水揚げのところで、神棚にお祈りしているウドちゃん。なんか体格が大きいのね。


Img_20190326_045401


ひとカゴが50kgの重さだそうです。これが定置網2回分の水揚げ。ニュースでは、だんだんホタルイカも獲れないらしくて、漁師さんも大変ですね。それに、このホタルイカは春しか獲れないので、完全に観光化して収益を伸ばすというのも難しいですし。実際のところ、よくパンフレットで見るような、光り輝くホタルイカというのは見れなくて、ああいうふうになるのは、ほんと珍しいことらしいです。電気を消せば、ぼんやり光るホタルイカが集まっているのがわかるぐらいで、LED電飾のようにはいきません。でも、一度見てみたかったので満足しました。



 

| | コメント (0)

レーダー探知機GL847のバッテリー交換

車に積んでいるレーダー探知機。うちのはソーラー式です。電源コードを引き回すのが面倒だし、そんなに使わないので、年に数回スイッチ入れる程度。そうするとソーラーで充電してあれば用が済むのですが、もう何年も前から使っているのでバッテリーがヘタリ気味。そういうときは、GPSデータ更新用のMiniUSBにモバイルバッテリーを刺してあげると、そこから電源が供給できるので、例えば10000mAのバッテリーだと半日以上動作します。それでも、とうとうバッテリーが死にかけているようで、電源入れて起動したらすぐにダウン。なので、中のバッテリーを交換してみることにしました。


Img_20190327_084002
これ、裏蓋を開けてバッテリーが見えるようにしたところ。このバッテリー、ちょっと変わっていて、1本1本が細長いです。一見、単5電池を3本束ねたように見えますが、単5電池と比べると、さらに細い。どうせ同じ3.6Vを供給すればいいんだろうからと、単5電池を3本並べてレーダーに押し込んでみたんですが入りません。これはちゃんと同じ寸法の電池を調達しないとダメそうです。ネットで検索してると、リチウムポリマーを代わりに取り付けようとしているのを見かけましたが、高温になる車内だし、もともとニッケル水素電池のところにリチウムポリマーをつけても充電が怪しくて爆発するかもしれないので、それは真似しませんでした。

すぐに同じものは見つかるだろうと思ったら、この電池、俗に行く単6電池らしいです。アメリカの規格ではAAAAと呼ばれるもので、日本の規格では存在しません。だから単5の次の単6電池と呼んでるみたいです。このサイズのニッケル水素電池ってないんですよねぇ。1つだけAmazonでバラで売っているのを見つけました。これを買って、3本束ねて、リードをつけ直して制作してみることにします。

Img_20190327_084928
Img_20190327_084949

届いた電池を並べてみると。あら?太さは同じだけど短い。これを直列につなげると400mAになるので、オリジナルの500mAよりちょっと容量が小さくなります。バラバラにならないよう、先に熱収縮チューブで仮止めをしてから、端子をはんだ付けして直列にします。オリジナルの電池についていたリード線を取り外し、これに取り付けて、透明の熱収縮チューブで覆ってあげて完成。

Img_20190327_090753

なかなかうまくできたように思います。ちなみに電圧を測ったら3.9Vありました。3.6Vのハズですが、電池が新しいので出力が高いみたいです。

Img_20190327_090954

無事交換も終わり、スイッチ入れるとバッテリー駆動でちゃんと使えます。めでたしめでたし。

| | コメント (0)

E350カブリオレが20万キロに到達しました

Img_20190324_062714

とうとうE350カブリオレの走行距離が20万キロを突破しました。金沢へ法事に出かける途中、どこで20万キロになるかなぁ、と気にしながら走っていたら、長野の中央道の中央道原PAで199999万キロ。残念ながら20万キロピッタリのところにSAはありませんでした。大きなトラブルもなくここまできましたが、あとどれ位いけるんでしょうね。BMWとMBを交互に乗っていますが、比較的にMBのほうが長持ちする気がします。高速では燃費が13km/Lぐらいなので、満タンで800kmぐらいは走ります。これがEVだと600kmぐらいがせいぜいだと思うので、今回のように金沢まで出かけるときには、途中で充電を気にしないといけないかと思うと、ちょっと電気自動車に乗り換えるのは、勇気がいりますね。

| | コメント (0)

19.5万キロでブレーキ関係を総入れ替えしました

すでに19.5万キロ走っていて、もう少しで20万キロに手が届きます。高速がメインなのでブレーキはほとんどヘリませんが、さすがにこの距離になってくると2回めのブレーキパッド交換です。ブレーキパッドが2回すり減ると、ブレーキディスクを1回交換の組み合わせですから、今回はブレーキディスクも交換で、費用はかなり掛かります。 この前、ブレーキパッドを交換したのは3年目の車検のときでしたから、2枚めのブレーキパッドは12万キロぐらいもったと思います。1枚めのパッドはメルセデスケア対象だったので、そんなに減ってなかったけど交換したんですが。

Img_20190208_070246

去年の冬、夏タイヤからスタッドレスタイヤに交換するとき、出張で来てもらったメカニックの人が、「そろそろブレーキパッド交換ですね」 と言われて、はいはい、それは分かってますって。1年前の車検のときにも言われました。でも、まだ行けると思うんですよね。 パッドセンサーが点灯するまでがんばります。 日本は過剰整備だと思うんです。せっかくセンサーついているのに。でも、本当にセンサー反応するんだろうな。 いきなりディスクにガリガリなんてならないでよ。 そしたら無事点灯。 嬉しいような悲しいような。

ブレーキ関係の費用明細

大体14-15万円ぐらいになるのは、この前のエンジンマウント交換で見積もっていたので分かってました。他のメルセデス・ベンツ修理を専門にやっているところで、幾らぐらいか聽いてみたら、車体番号がわからないけど、8.7万円-11万円ぐらいですと。ただし、部品はOEMを使いますとのこと。 うーん、OEMか。一応、純正部品と同じなんだろうけど、ブレーキだしね。 値段は高いですがディーラーに出すことにします。 そのかわり、GLCクーペも試してみることができたし。

交換に1日。前後のブレーキパッド、ブレーキディスク、パッドセンサーなど、ぜんぶ新しくなって持って帰ります。 ブレーキが効きにくい。まだ新品でパッドとディスクが馴染んでないので、いつもの1.5倍ぐらいの力で踏まないと止まりません。 最初のうちは意識的にブレーキ踏んで削らないと。 ちょうど遠出する機会があるので、それから帰ってくるころには普通になっているでしょう。 20万キロまであとちょっとです。 ここんところ、ヘッドライトバルブ交換、エンジンマウント交換、ブレーキ関係交換で、出費が続いています。 しかし、他の代車に乗ってみると、 まだまだうちのほうがいいや、と感じるので、もう少し頑張ってもらいます。

| | コメント (0)

«メルセデス・ベンツGLCクーペに試乗しました