« カブリオレと景気の関係 | トップページ | 335iの燃費 »

335iセダンの2回目の試乗

日曜日、朝から雨なので、同じ条件で試乗するために、午後からデーラーに出かけることにしました。奥様同伴です。奥様の役目は後席の乗り心地をチェックすること。営業さんと3人で乗り込み、昨日走った横横道路へGo。
3人乗っても、まだまだ加速感は変わらない。それでも、道路がうねっているところはピッチングが強く、ルームミラーで見ていると、奥様が上下にゆれているのが判ってしまう。奥沢曰く「今迄で一番乗り心地が悪い」
だろうなぁ。運転席でもそう感じるんだから。よくこんな硬いサスペンションに好んで乗ってますねぇ。普通のサスペンションでも硬く感じるのに。
335iカブリオレはノーマルサスペンション+200Kg重量増なので、この辺はどう感じられるのだろうか。
それを確認すべく、323iセダンのノーマルサスペンションも試乗に出発。タイヤは225/50R16で1インチ小さく厚みが少しあるので、より乗り心地は良く感じるだろう。
走り出してすぐ、ハンドルの重さの違いにビックリ。アクティブステアリングのほうがずっと軽い。この重ステは325iカブリオレと同じだ。同じく横横道路を走行する。明らかに当たりが柔らかくてピッチングが少ない。これなら我慢できる範囲かも。でも、エンジンが2.5LのNAなだけで、力強さが全く違う。0.5L増えてパラレルツインターボだとこんなに違うんだろうか。335iカブリオレ購入を本格検討してもいいかも。

|

« カブリオレと景気の関係 | トップページ | 335iの燃費 »

クルマ試乗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カブリオレと景気の関係 | トップページ | 335iの燃費 »