« 雲の発達 | トップページ | 首都高作り直し »

フロントウィンドウ磨き

さて、セリウムという物質で研磨剤を作ってフロントガラスについた傷と鱗模様を取ります。
機材はこんな感じ。

Sany3344

左から,サンダー、霧吹き、マスキングテープ、セリウム研磨剤
まずは、フロントガラスを洗ってマスキング。
奥側の上の方は完全にワイパーの領域とは違う感じではじいています。
これが鱗状のウォータースポット。

Sany3341

これが磨き中の映像。運転席側だけ集中的に傷がついたので、半分だけがんばってみます。

Sany3348

最初に作った研磨剤は薄くてあまり効果が出ませんでした。研磨剤はセリウムと水を1対1で混ぜるんですが、片方は粉ですから、1対1と言われてもよくわかりません。最初に作ったのは薄かったみたいです。
理想的な堅さは化粧品の液体ファンデーションぐらいみたいです。指の上に乗せてモッコリふくらむくらいの堅さ。
で、2時間ぐらい試行錯誤しながら磨いてみました。夜になってガソリンスタンドまで試験走行。すると、特によく磨いた部分は傷がなくなっています。
この辺は傷がないだろうと、あまり磨かなかったところは細かい傷が残っています。このセリウムが確かにガラスを研磨する能力があるみたい。問題はどれだけ丁寧に磨くかと言うことですね。

Sany3349

ところで、このコンクリートが白くなった部分を見てください。セリウムを流したら、タイヤ付近から流れ出た液体がこうしたみたいです。セリウムは確かにコンクリートと反応するみたいです。だからガラスとも反応するんでしょう。
また明日、念入りに磨いてみよう。

|

« 雲の発達 | トップページ | 首都高作り直し »

」カテゴリの記事

コメント

ご自身でフロントウインドウを磨かれるなんてすごいですねcoldsweats02

投稿: まっきー | 2008/08/31 19:23

何事も経験なので。

投稿: ike | 2008/08/31 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲の発達 | トップページ | 首都高作り直し »