« 2008年F1観戦2日目(予選) | トップページ | F1のお弁当 »

ラジアルタイヤの乗り心地

Sany3869

RFTからラジアルタイヤ、ミシュランパイロットプレセダPP2に履き替えて、きょうF1に向かって初めての走行。大体、ディーラーが入れる空気圧はMAX側になっていることが多くって、今回もパンパンに入ってます。2.7MPaぐらい入ってます。これじゃ硬くてあまり変わらないので、RFTと同じく前2.4、後2.5に調整。
走るとまず、ガツンというショックが和らぎいい感じです。ハンドルは軽いので接地面積が小さくなったかゴムが柔らかいみたいです。角の形も丸くなり、コーナーでも踏ん張り感も柔らかな腰になりました。
あとは、どこまで空気圧を少なくして乗り心地優先に出来るか試してみます。
RFTは空気圧を下げるとサイドウォールの硬さが目立ってきて轍に足をとられてまっすぐ走れないときがありました。

|

« 2008年F1観戦2日目(予選) | トップページ | F1のお弁当 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008年F1観戦2日目(予選) | トップページ | F1のお弁当 »