« Windows 7を使ってみる | トップページ | カボチャ成長中 »

新型プリウスの諸元表


Photo

プリウスのカタログをもらいにディーラーへ。ところがまだ正式なカタログは出来てません。簡単なお客様向けカタログにはスペックがない! でも販売店用のには載ってました。コピー頂戴!
下から2番目のSグレードですが、車両重量は1350kg、最小回転半径5.2m
現行プリウスのSグレードは、車両重量は1260kg、最小回転半径5.1m
比べると、90kg重くなって10cm大回りです。
想定範囲内でしょう。
この表はエスティマハイブリッド、クラウンハイブリッド、シビックハイブリッドMX、新型インサイトGを比べてます。
インサイトは1190kgなので新型プリウスと比べて160kg軽いです。やっぱり。
なかなか面白い表です。新型プリウスの値段のところがカッコで空白になっているのが意味深。直前まで値段を決めかねていたのでしょうか。

Photo_2

こちらは新旧プリウス比較表。+印は増えたもの、→印は変更、▲は減ったものらしいです。
全車共通強化ではリヤスタビライザー以外は全部+。
新プリウスの205万円のLグレードを作るために、フロントフォグランプ、リアセンターアームレスト、運転席シート上下アジャスターなど、いろいろ取っ払ってます。でもベース車両から取り外せるものには限りがありますから、205万円はかなりお買い得なんでしょう。

一番売れているのは下から2番目のSグレードだそうで。ギリギリ赤字ではないそうです。販売店は赤でなくてもトヨタはどうなのかな。
いま値引きは一切なしで、5月に注文すると8月末生産の9月納車ぐらいの4ヶ月待ちだそうですよ。

2

これは普通に配っているカタログの一部。タッチトレーサーディスプレイというのが私は気になってます。手元のスイッチ操作が画面に表示されるので安全運転には役立ちそうです。でも、覚えてしまえば使わないか。

|

« Windows 7を使ってみる | トップページ | カボチャ成長中 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows 7を使ってみる | トップページ | カボチャ成長中 »