« 335iの自動換気風景 | トップページ | NOD32バージョンアップ »

ジャガーXFを試乗してきました

Sany6671

この前からなんとなく気になっていたクルマ、ジャガーXFを試乗してきました。3Lのやつです。
意外と大きい。幅はそれほどでもないけど全長が少し長いかな。
乗り込んでブレーキ踏んでSTARTボタンをちょっと長めに押すと、エンジンがかかってコンソールのドライブセレクターのボタンが登ってくる。これ、ちょっと面白い。エアコンの吹き出し口も回る。ここまでしなくてもいいと思うけど、まあ、演出なんですね。
エアコンなどの細かい操作系はダイアルだけでなく、NAVIのパネルからもタッチしてできます。ハンドルヒーターが付いていたな。
で、歩道を越えて道路に出た途端に、「硬い」 この足、硬いんですけど。それもうちの335iより硬い。営業にタイヤの空気圧が入れすぎなのか聞いたが普通に入っているという。裏道の舗装の悪いところを走ると、足の硬さがモロに体に伝わってくる。ほんと、見かけによらずすごい足の硬さ。
アクセルべた踏みの加速は、まあまあ普通。V6のエンジンは停車中にちょっとブルつくぐらいの振動があり、他の車のV6とは全然ちがう。燃費はちょっと悪そうです。
1周回って帰ってきてタイヤの空気の入り具合をチェック。押すと横にゆらゆら揺れるぐらいだからパンパンには入っていない模様。ってことはサスペンションの硬さから来ているようです。
なんでも、最上級のXKの80%を流用しているとか。そっか、あれの足なんですね。

そうそう、そもそもなんでJAGUARに来たかといえば、奥様がかっこいいおばあさんが運転するスポーツカーを見かけて、それがジャガーだったからで、それはどのクルマなのかを確認しにきたのでありました。

XFは装備の割りにコストパフォーマンスがいいなぁ、と思ってたんですが、足の硬さはいただけません。もっと上級グレードなら電子制御で柔らかくできるのかもしれないけど。

|

« 335iの自動換気風景 | トップページ | NOD32バージョンアップ »

クルマ試乗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 335iの自動換気風景 | トップページ | NOD32バージョンアップ »