« TSUTAYA DISCASのシステム | トップページ | アバターのメガネ »

Eクラスカブリオレへの期待

デトロイトモーターショーで正式にEクラスカブリオレが発表になりました。今日は直しに出していた335iを取りに行きますが、3回も入院して直らなかったらどうしましょうね。メルセデスはちゃんと市場に出してくる前にテストしてるだろうし。BMWは全世界に売ってから人柱使って調整しているとしか思えない。また、どんな対策が施されたか分からない新しいバージョンのソフトを入れ替えたそうな。

749498_1363670_9600_5400_09c1096_07

さて、Eクラスカブリオレ、これにかなり期待していまして。本国のWebサイトに記事配信として登録すれば、いろんな情報がダウンロードできるんで、ガバッと持ってきました。車Webであまり詳しく紹介されていない、風の巻き込みを抑えるエアーキャップと呼ぶ機構。フロントスクリーンの上に取り付けられた羽のようなものがリフトアップするだけでなく、後部座席の間にもウィンドデフレクターが立ち上げってくるみたいです。コンピュータ解析画像では、後部座席もかなり快適に座れるように見えます。

749536_1363765_3200_1600_09c1096_01
749537_1363768_3200_1600_09c1096_04

カブリオレでオプションにウィンドデフレクターをつけるのはよくありますが、4座では、後部座席をつぶして取り付けるので、取ったりつけたりが面倒であまり好きではありません。このエアーキャップというのは取り外すしてしまうものが無いし、スマートでいいです。それに後部座席も暖かい。後部座席に座る人の頭の上は風が少なそう。CLK320はデザイン的に後部座席の着座位置が少し高くって、結構頭の上を風が通り過ぎてました。IS250Cも似たようなデザインなので、あれもかなり凄かった。このEクラスカブリオレは4人でオープンでお出かけしても、後部座席のハンディは少なそう。 あとは後部座席にもシートヒーターがあればOKなんだけど。

|

« TSUTAYA DISCASのシステム | トップページ | アバターのメガネ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TSUTAYA DISCASのシステム | トップページ | アバターのメガネ »