« ドアのガード交換 | トップページ | 揚げ物が美味しい蕎麦屋 »

E350カブリオレのドアアクション

カブリオレは大抵2ドアなんですが、ドアの周りにサッシがありません。だから窓ガラスが幌の部分に密着するにはそれなりに工夫が必要。BMW325iのときは窓ガラスがちょっと下がって、ドアを閉めると元にちょっと戻って、というアクションが付いてました。このアクション、壊れると窓ガラスが幌に当たってドアしまらないし。

2台前のCLK320カブリオレにはこれがなかった。だから窓ガラスが押し付けられるような強さではめ込まれるので、かなり勢いつけてドアを閉めないと跳ね返されて半ドアになってしまう。

この前の335iカブリオレは325iと同じアクションが付いていた。だから別に不思議でもなかったし進化もしてなかった。でもガラスの合わせのゴムの表面がザラザラ加工がしてあって、擦れる音がしない工夫が。

Sany2296

で、今度のE350カブリオレはまたちょっと進化が。まず、ゴムの形状が違います。これまでは平べったい棒状でしたが、己のような形です。たぶん、経年劣化で形がついて密閉度が下がるのを防ぐ狙いなのではないかと。表面にはザラザラ加工もされています。

さらに面白いのが、後の窓ガラスも連携して動くようになりました。これで昔より軽い力でドアが閉まりやすくなってます。

|

« ドアのガード交換 | トップページ | 揚げ物が美味しい蕎麦屋 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドアのガード交換 | トップページ | 揚げ物が美味しい蕎麦屋 »