« 地デジチューナーが本当のエコだと思うんだけどね | トップページ | モフモフを連れてお好み焼きのご馳走遠征 »

CT200hに試乗してきました

Sany0310

レクサスからCT200hという車が出ました。hと付くのでハイブリッド車です。ハイブリッド版しかありません。形はなんとなくトヨタのオーリス+iQって感じだと思ってたんですが、実際に見ると、またどれとも違いますね。きょうは初めての土曜日とあってたくさん人が見に来たようです。昼間に電話したら3台の試乗車はフル回転しているといってました。だから夕方にいったんです。

Sany0306

内装はごらんのとおりで、レクサスっぽいんですが使っている素材がところどころ残念なものが。一番変えたらいいのになと思ったのはセンターコンソールの表面とドアノブのまわりの銀色塗装。この2点だけでもプラスチックっぽくないものに変えるだけでずいぶん印象よくなるんだけど。

Sany0308

中央にはスマートフォンを置くフォルダが取り付けられるんですが、置くだけで充電することはできません。どうせならiPhoneをそのままザクッと挿して充電できると便利なんですけど。奥様は電池が直ぐなくなるiPhoneを車のシガーライターからUSB取り出して、そこにケーブル繋いで充電してますよ。後部座席は意外と狭い。同じクラスのほうが広々感があるんじゃなかろうか。3人並んで座るととても窮屈そう。

さて、試乗に出かけます。いつものとおり店を出たら直ぐに横横道路にのって一周してきます。エコ、ノーマル、スポーツの3モードあるんですが、エコだとアクセスの踏み量に対して加速がほんとにやんわりです。これは完全なエコラン向きです。加速はまあまあですが、ついさっきまで乗っていたCLK200コンプレッサーのほうが強力な加速。モーターがアシストするんですがアクセス開度と加速のタイムラグはあまり詰まっていません。エンジンのON/OFFのショックは全然わかりません。ナビの表示か音でしか判断つかないです。

走行ノイズはかなり押さえられていてレクサスらしいです。サスペンションは少し堅いですが嫌味はありません。このサイズとしては意外にもフラットな乗り味でヒョコヒョコしないです。これはヤマハのボディダンパーつけてるせいでしょうか。ハンドルはクイックな感じ。ハンドルが持つところにより太さがちがうんですが、これはなにか狙いがあるんでしょうか。ハイブリッドシステムはプリウスと同じようですが、キビキビ走る感じですね。
ブレーキはごく最初の触りは軽いんですけど、すぐに堅くなります。シッカリ感が演出されてます。これ、フルブレーキしたらチャンとガツンと効くんだろうか。

総評は、走りは悪くないです。燃費はプリウスより少し悪そうですが18km/L台がいくんじゃないでしょうか。ハイブリッドは欲しいけど、プリウスはたくさん走っているし、という方にはいいと思います。
あ、ガソリンは有難いことにレギュラーです。最近、またガソリンが上がり始めました。

|

« 地デジチューナーが本当のエコだと思うんだけどね | トップページ | モフモフを連れてお好み焼きのご馳走遠征 »

クルマ試乗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地デジチューナーが本当のエコだと思うんだけどね | トップページ | モフモフを連れてお好み焼きのご馳走遠征 »