« 初めて食べました!さんま明太子、いわし明太子 | トップページ | ホンダ、アコードハイブリッドに試乗してきました »

BMW 3シリーズ グランツーリスモに試乗してきました

P6241089

また、ちょっと変わったクルマが出てきたので、いつものように試乗してきました。 5シリーズのグランツーリスモの3シリーズ版。しかし、5シリーズのは、シャシーが7シリーズのを転用していたのに対し、3シリーズのそれは、中国など一部でしか導入されていないロングバージョンのシャーシーを使って作ったそうです。だから長い!
どれぐらい長いかというと、3シリーズセダンに対して+20cm。たった20㎝と思うなかれ。それはクラスが1つ違いますから。

P6241090

後ろから見るとこんな感じ。なんか大きそうな予感がするでしょ? その通り。

P6241092

左隣は3シリーズのActiveHybrid。つまり大きさとしては普通のセダンのサイズ。それに比べてグランツーリスモは厚みがあるし長いし。

P6241095

だから、タイヤも一回り大きい。同じ18インチですが、グランツーリスモは扁平率が50。ついていたタイヤは、いま、うちのと同じ、ピレリのチンツゥラートP7。むっちりのプニョプニョ系タイヤです。

P6241098

ハッチバックのような大きなハッチだと、後方視界がどうなるか気になりますよね。そう、あまりよくないです。左右の太いフレームが邪魔してます。それに、長いから遠い。

P6241099

ナビは、また少し変わっていて、障害物の距離がカメラ映像に剛性されて表示されます。四角い黄色いものが物体で、近いとだんだん赤くなります。

P6241102

まあ、外観の観察はこれぐらいにして、乗り込んで、いつもの試乗コースに出発。店をでて首都高の湾岸を走り、大黒ふ頭でUターンして帰ってくる。これ、320のガソリン車なので、燃費は大体、予想通り。図体が大きいけど悪くないです。動力性能はまあ普通。困らない程度。

P6241103

ダウンフォースを得るために、自動でせり上がってくるスポイラー。止まっているときは見ることができないし。まあ、そんなにスピード出さないからなくてもいいけど。

P6241105
P6241106

今回、初めて出てきたエア・ブリーザー。タイヤハウスまわりの空気の流れを変えて、空気抵抗を減らすという。効果があるかどうかは微妙ですが、デザインの1つだと思えば。しかし、空気が流れ出るところから、ブレーキダストが出てきて、ボディが汚れないんですかね?

P6241109

1つ残念なのが、このウィンカーのバルブ。黄色いのが丸見え。これはいけませんねぇ。ISも同じだったけど。3シリーズやほかのを見回しても、黄色いのが丸見えになっているのはないんですが。なぜ、このままにしたものか。

P6241113

GTのロゴ。右側には320と書いてあるんだけど、ボディが大柄だから数字がぜんぜん目立たない。これ、3シリーズというより、GTシリーズでしょ。 だから、 GT3とかGT5といって新しいジャンルにしてしまったほうが、分かりやすいです。

P6241118

このクルマの一番の魅力は、ハッチバック形式のトランク。ガバッと開くこの荷室はとても使いやすそう。広いし、荷物を横から押し込む必要がなくて、上から置くように入れられる。

P6241114

トランクの下にも入れ物がありますが、この蓋がダンパーで支えられる仕組みになっている。こんなところにダンパー使っているのは初めて見た。

P6241115

後部座席の背もたれが傾いているけど、これをまっすぐにする機能がついていて、垂直にすると、さらに大きな箱が入って使いやすそうです。 なかなか考えてあります。

P6241116

ゲートはこんな感じで開きます。ワンボックスやワゴンと違うのは、駐車場の後ろを気にせずに開けられること。

P6241129

だから、この足の位置で立っていても、扉が人間に当たることなく開けられます。駐車場が狭い人にはとても便利。もちろん、バンパーの下に足を入れると自動で開く機能もあるし、そもそも電動(重そうだから、電動でないと無理だよね)

P6241119

ドアにはサッシュがありません。だからガラスが大きいので、後部座席の窓は全部下がりません。この辺が一番下。まあ、ちょっと不恰好だけど、サッシュがないからドアが邪魔にならないし、三角形の危なっかしいものもドアに残らない。

P6241126

後部座席は余裕があります。さすがロングを使っているだけある。この膝の前のスペース。運転席をわざと前にだしているわけじゃないです。私が試乗した時のポジションのまま。まるで、体の小さい女性が座っていたかのようなシート位置。

P6241120

ボディの形状にしては、頭上空間もたっぷり。髪の毛が擦るなんてことはまったくないです。

P6241121

後方視界がよくない原因は、この太い柱があるからですね。窓が小さくなってしまう。まあ、仕方ないか。そういうデザインのクルマなんだし。こういうクルマは、斜め後方の死角にいるクルマを知らせてくれる機能が役立ちますね。

P6241123

後部座席からみた前の風景。ごく普通の落ち着いた雰囲気。使っている色のせいもあるでしょけど。

そうそう。試乗の感想なんですが、これは3シリーズというより一昔前の5シリーズです。タイヤが大きいし、乗り心地もマイルド。実際にサイズがそうだし。 いまの5シリーズが大きくて駐車場に入らない人には、このグランツーリスモはお勧めです。室内の横幅も若干広く感じる。横幅が3㎝だけ広いのが、そのまま室内空間で現れてます。
調べたら、回転半径が5.7m。 長い! 小回りは効きません。 実際に交差点を回るとき、前後が長いなー、という感じを受けるし、運転手の頭の位置も、3シリーズのセダンより、頭1つ分、前にある感じです。

この車は、トランクに荷物をよく積むのだけど、ワゴンやワンボックスはちょっと嫌で、5シリーズを置くほど駐車場が広くない人にはぴったりです。 少し大きいので、3シリーズより上に感じます。
このトランク、ドローンちゃんを積んでどこかに行くにはとっても便利そうなんだけどな。

|

« 初めて食べました!さんま明太子、いわし明太子 | トップページ | ホンダ、アコードハイブリッドに試乗してきました »

クルマ試乗」カテゴリの記事

コメント

いつもご試乗いただき、ブログ記事のアップに感謝いたします。(*^-^)
いつもながらわかりやすくよくまとめていただき、
セールスマン要りませんねー(笑)
皆様に是非、新しいBMWを見て新しい流れを感じていただければいいなと思います。
ありがとうございます。

投稿: BMW担当より | 2013/07/06 21:30

グランツーリスモは、中国市場を狙った商品と聞いています!
中国では、後部座席が広いというのが売れる高級車の条件だそうでして、NEW320Iは、その点で中国市場では爆発的な売れゆきは望めにということで、このグランツーリスモが投入されたようですよ!
また・・ヨーロッパでもこの様なクーペ的なデザインのファンも多いようですね!
しかし・・ホイールベースをのばしたために、BMWのベストの車重配分を確保することができず、後ろが弾んでしまうという現象が現れたそうで、それをクリアするために、リアスポイラーを装備したのですが・・・
オイラもこの車は見たのですが・・まずこのリアスポイラーがあまりに薄くちゃち~・・それと、このリアスポイラーの下がどうしても汚くなり掃除がしにくそうなですよね~
おまけに・・ラゲッジルームと座席が完全に分かれていないと、どうしても積んだものの匂いがね~・・しかもガラスが大きい分暑い!オイラ・・セダンですが・・BMWの場合はフィルムを貼っていますよ!
それと・・これはいただけないないのが、前輪の後ろにつけられたエアーカーテンの出口・・これ!ブレーキカスがボディーについちゃいますよね~・・

まあ~カッコいいですが・・個人の好みですが・・タイプなら・・完全なクーペのBMWの4シリーズかアウディのA5のクワトロが良いですね~・・アウディはあまり好きではないのですが、そう思いますよ!

投稿: ダリちゃん | 2014/05/03 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めて食べました!さんま明太子、いわし明太子 | トップページ | ホンダ、アコードハイブリッドに試乗してきました »