« 宮古島の珊瑚を見てきました | トップページ | 走って気分が悪くなりそう、NANKANG NS-20 »

夏タイヤをNANKANG NS-20に替えました

桜が咲くまでは随分天気が良かったのに、咲いてから雪が降ったり変な天気。でも、もう大丈夫なので夏タイヤに交換しました。 今度のタイヤは、とうとう夏タイヤまでアジアンタイヤ。NANKANG NS-20です。為替で値上がりしそうだったので1月に買って、玄関に積んどいたのですが、そのときの価格が1本6千円ぐらい。結局、そんなに値段は変わらなかったわね。

P4190119

235/45R17のXL規格です。カブリオレは普通のクーペより120kgぐらい重いので、XLでもいいのではないかと。この冬履いていたNANKANG SV-1も同じくXL規格でした。XLだとちょっとゴム厚がごっつくなる気がします。

P4190124

内側はこんな感じ。NANKANGはSV1が初めてでしたが、不思議に空気の抜けが少ないタイヤでした。1回調整すれば一冬はほっといても変わらないです。NS-20も似たような内側なので、同じことになることを期待してます。

P4190131

こちらはこの冬が2シーズン目だったSV1。安いから2シーズンで捨てるつもりで買ったけど、もう1シーズン行けそうです。減りが遅い。スタッドレスとしての性能は、氷はダメそうだけど降っているなら大丈夫。蔵王で経験済み。それに高速を飛ばしても怖くないし、水捌けもよく、雨にも強く、オールシーズンタイヤのようなスタッドレスでした。

P4190125

こちら、いまから脱ぎ捨てるピレリCINTURATO P7。これもネットで買って2年履いたけど、なかなか良かった。まあまあ長持ちするほう。ショルダーの片減りが少なく、あと1ミリぐらい残りがあったけど、どうせ夏までもたないのでNS-20に交代です。 海外ではCINTURATO P7は評判がよく、日本ではぜんぜんダメだったみたいなんだけど、この読みにくい名前が良くないんじゃないでしょうかね。チントゥラートと発音するそうですが、読めないです。BMWには標準タイヤでついているのにねぇ。

P4190129

さて、交換はいつものようにタイヤフィッターさんにお願いしてあります。作業車でやってきて、車庫のまえでタイヤ交換してくれるので簡単。夏タイヤだしてきて、冬タイヤをしまうだけで済むので。タイヤフィッターさんに払うのは出張料2千円、タイヤ交換7千円、廃タイヤ2千円の1万1千円です。 これにNS-20が送料込で4本で3万円ぐらい、4万円ちょっとで夏タイヤ4本に交換できるのってリーズナブル。

P4190135

さて、交換し終わってバランスを確認してみると、なんと、この1本に大量のオモリが。ほかのは30-60グラムぐらいなんだけど、この1本は異様に多い。タイヤフィッターさんも、こんなにオモリつけることは初めてって。でも、これでバランス取れてるんだと。 やっぱアジアンタイヤは製造精度の問題があるわねぇ。 SV-1もそうだけど、日本のタイヤに比べてバリが多い。 さて、このタイヤはどんな印象なんでしょう。

|

« 宮古島の珊瑚を見てきました | トップページ | 走って気分が悪くなりそう、NANKANG NS-20 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮古島の珊瑚を見てきました | トップページ | 走って気分が悪くなりそう、NANKANG NS-20 »