« 宮古島からパッションフルーツの再来 | トップページ | 突然死する前にSSD交換をしました »

タイヤバランスの取り直しFinal

タイヤバランスを2回取り直して、これで大丈夫かと思われましたが、やっぱり変。100㎞ぐらいまでは、まあ、なんとか、けどそれ以上のところで問題あり。我慢しようと思えばするのだろうけど、この調子で我慢したことがないので、再度、タイヤフィッターに行ってきました。

この間、NANKANGに品質基準について問い合わせたら、遅くに返事がきて、16インチ以下では30g、17インチ以上では40gを基準にしているらしいです。だから、100gも200gも錘をつけるのはどこかおかしいわけで。
で、また今の状態でバランスを測ってみると、右前が50gくるっている。 だって、3日前にバランス取ったばかりで、おもりが外れているわけでもないし、どう考えたってなにかが間違っています。

まず、疑ったのは、このバランサーが本当に正しいのかどうか。お店では基準になる道具を使って合わせているというし。でもねぇ、何回やっても合わないんだから、まずはバランサーを疑うでしょ。
次に疑ってかかったのはホイールなのだけど、ホイール単体ではそんなに問題になるような狂いはなかったです。それにタイヤを組み付けるとバランスが崩れるというのだけど、なんか変なんですよ。

そのうちだんだんわかってきたのは、タイヤをつけてゼロになるようにバランス取っても、いっかいバランサーから外してまたつけて測ると20gぐらいずれていることがある。普通ならそんなことにならないって。しかし、つけてゼロだったものが、一回ゆるめて、また締め付けて20gぐらいずれたり、またゼロになったり。 これはお店の人も首をかしげてしまう現象です。 ゼロになったのが本当にバランスが取れているのか、20gぐらいずれて計測されるときが本当にバランスが取れているのかわからない。 何回もやっていると、出る回数が多いほうが正しそうなので、そっちを正解にしてみます。

ちなみにお店にあったタイヤ組み付け済みのホイールを持ってきて、同じようにつけたり外したりを繰り返しても、違いが出ないか、出ても5gぐらいしか違わない。なんか変なんですよね。
そうこうしているうちに2時間もたってしまいました。 4本全部のタイヤを外し、ホイールだけでバランスを取り、タイヤをつけてバランスをとり、要するにミニマイゼーションを全部やって、タイヤのずれも4本測って、すべての工程を自分で確認して、これ以上は無理だよね的なところまで来ているので、この状態で取り付けて帰ってきました。

P5010233

そこで明らかになったのは、NANKANGが40gが基準といってましたけど、最高で75gもバランスがずれているということ。この写真はホイール単体でゼロになるようバランスをとって、それにタイヤを履かせて出た数値。内側と外側の合計のセンターのバランスが75gずれているという表示です。 どこが40g? 
で、思い浮かぶのは、メーカーが40gの基準で出荷していたとしても、その基準を満たさなかったB級品が市場に出回ることがないのかということ。 これはNANKANGに質問していますが、回答はまだ来ていません。

あと、バランサーに付け直して測るたびにずれているのは、ホイールをバランサーに留めるときに、中心に台形のワッシャーのようなもので締め付けるわけですが、ホイールの穴の位置がセンターでないので、すこしずれるのではないかと。 ホイールが車のハブにくっつくときは、根元が台形のボルト5本で締め付けられるわけで、真ん中の穴は中心を出すためにあるわけでないです。国産車だとハブからボルトが生えているので、ナットで締め付けるわけですが、どちらも中心の穴が支えになっているわけでないわけで。 ディーラーでバランス取ると、まず問題なく却ってくるんですが、あの時、バランサーに取り付けるのにボルトで留めているのかもしれません。

そんなわけで2時間もかけて1本1本全部確認しながら作業してもらいました。一応、結果はOK、やっとタイヤの組み付けの話から、タイヤの味の話に移れそうです。


|

« 宮古島からパッションフルーツの再来 | トップページ | 突然死する前にSSD交換をしました »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮古島からパッションフルーツの再来 | トップページ | 突然死する前にSSD交換をしました »