« NANKANG NS-20の評価 | トップページ | マツダ ロードスターに試乗してきました »

タイヤをNEXEN N7000に替えました

スタッドレスから夏タイヤに履き替え、その際にNANKANG NS-20にしてみたのですが、やっとバランスのほうは取れて使えるレベルにはなったんですけど、今ひとつ100km/h超えでブルっと感が残り、なんといっても乗り心地がとても硬いので、4000km走らずに交換することにしました。 あー、勿体無い。 しかし、この硬さは身に堪えます。

で、アジアンタイヤは諦めて、素直にブリジストンREGNO GR-XIをメールオーダーハウスで注文。しかし、メーカー在庫がなくて振込手数料も加えて返金されてしまいました。なるほど、キャンセルされたらこうなるのね。

仕方ないなぁ、じゃ、もう1回だけアジアンタイヤにトライするか!

P6041312

今度はNEXEN N7000 235/45ZR17 XL

ネットで評判を探しまわったところ、Nシリーズのなかで一番乗り心地が良さそう。確かにパターンはコンフォート系で細かい。あとは硬さがどうかですねぇ。またXL規格なんだけど。
今度は何回か買っているAUTOWAYで注文。さて、どこで取り付けるかですが、もうあのお店は使えないので、どこか別の所を探さないと。 で注文時にタイヤ取り付けしてくれる店も紹介してくれるのですが、うちから車で10分ぐらいの場所に紹介店があるので、そこに送ってみることにしました。 腕はどうなんでしょうねぇ。
普通に車検とかやっている町の自動車整備工場みたいなところらしいです。 で、交換日時をメールでやりとりして行って来ました。

P6041299

ここかぁ。ナビが国道1号から入っていくルートを出したので従って行ったら、途中、とっても狭い高架をくぐり、さらに切り返しが必要な角を曲がり、細い道を進んでいって、通りすぎてしまい分からなくなって電話しました。 場所はとても分かりにくいです。

P6041304

さっそく交換作業開始です。これ、1ヶ月半ぐらいで4000kmぐらい走ってまったく減る気配がないNANKANG NS-20。硬くて乗り心地は悪いけど、減らないしハンドルのキレはいい。 けど製造精度がイマイチ。 勿体ないけどポイ! まんなかの掘ってあるマークが全然消えてないでしょ。 普通の1.5倍は長持ちしそう。3年はいけるかも。

P6041305

ジャッキで持ち上げて足の伸びを見てたら、この車、やっぱり前足のほうが伸びが短い。BMWと反対。

P6041309

で、届いたタイヤとご対面。グニグニ押して見る。サイドはこの辺りが一番薄くて柔らかい。リムの方は分厚くて結構硬い。

P6041311

トレッドのゴムはNS-20に比べて少しやわらかい。爪が入る。ゴム質がNS-20は天然ゴムっぽくてN7000は合成ゴムっぽい。 このトレッドの柔らかさとサイドのタワミでどれだけ乗り心地が改善されるでしょう。

P6041330

接地面はこんなパターンです。

P6041317

タイヤ交換中、この前、車検に出したので、どこか変わっているところがあるのか確認していたら、このガラスの合わせに隙間が! じつはジャッキであげたらシャシーがたわんでこれだけ隙間が発生してました。うーん、やっぱりこのシャシーは柔いのぉ。

そして、交換作業中、作業してくれる整備士さんと、これまでのタイヤバランスの経緯やなんやら世間話しながら頑張っていただきました。 そして交換作業におよそ2時間。 え?なんでそんなに時間が掛かるのかって。
ハイハイ。 

まず一番困ったのは、このタイヤをホイールにハメて空気を入れようとしても、タイヤとリムの間に微妙な隙間があって、空気が漏れてタイヤが膨らまないのです。たまに在るらしいですけど、私もそんなに苦労しているのは初めて見ました。ホイールのリムの形とタイヤのリムの形がうまく噛み合わないのか、ちょっぴりタイヤのリム経が大きいのか。

2つ目は、やっぱりバランス精度です。国産タイヤに比べるとバラツキが大きい。結局、アジアンタイヤって安いけどバランスが悪いから調整が大変みたいです。タイヤには赤と黄色のマークは打ってあるので、バルブ位置と合わせてみるのですが、あの180gのオモリをつけた右後ろ。まずはマーク合わせで組んだら80gぐらいズレてました。そのまま80gのオモリを付けるのも嫌なので、ちょっと回して調整をお願いしたら、180度ぐらい回してみて30gまで減りました。 これはホイールのバルブ位置が軽くないのか、タイヤのマークが実はズレているのか。整備士さんいわく、もしかしたら、このタイヤに打ってあるマークを信じちゃいけないか、マークの意味が実は違うんじゃないかと。 えーっ、そんな。 けど、そうかもねぇ。

そしておよそ2時間で作業完了。代金は10800円なり。凄く頑張っていただきました。
さて、これからテストです。空気圧は2.5kgでスタートして走りだしました。うーん、へんな感じがしません。狂っているタイヤは60km/hぐらいでも違和感を感じますが、これはないです。期待できます。 けど、その辺を走っていたって100kmにはなりませんので、どこかに行かなくては。 そしていろんな速度で走っているうちに25km離れた餃子屋まで来てしまいました。 はい、これOKです。 音は全体的に強弱がなくて静かでもないし煩くもないし。ハンドルは少しマイルドになって、乗り心地は随分良くなりました。 これなら一緒に暮らせそう。
ま、80kmぐらい走っただけなので、結論はまだまだ先ですけどね。まずは合格です。

P6041331

今回、交換作業をしてもらった吉田さん。お疲れ様でした。とても大変そうでした。技術は確かです。バランサーも新しくてピカピカしてました。前のは公正しても10本ぐらいバランス取ると狂ってきたので、新しくしたそうです。
お店への行き方、とても苦労したので簡単なアプローチ方法を載せときます。

Doi

東戸塚駅の近くにあるオリンピックの前から入って行くと比較的カンタン。でも、最後は狭くて大きなマンションに囲まれて、行き止まりっぽくなってるから分かりにくいです。
お店の名前は DOI MOTORS です。

|

« NANKANG NS-20の評価 | トップページ | マツダ ロードスターに試乗してきました »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NANKANG NS-20の評価 | トップページ | マツダ ロードスターに試乗してきました »