« テスラ モデルSの自動運転の実験をしてきました | トップページ | ちょっと変わった小型のモバイルマウス »

初めての中古パソコン、意外といけます

先月に大詰めの仕事がありました。大量の画像データを扱うのにUSB2.0の遅さに嫌気がさしてきて、キーを打ち過ぎたのかENTERキーにヒビが入り、そろそろ新しいノートPCがあってもいいなぁ、と。いまのメインPCは、6年前に5万円台で買った、ASUSのUL20A。今流行の超薄型ではないけど、それなりに使えてます。

P2282082

バッテリー交換を1回。そして遅さを感じたころにSSDに交換してからは、普段使いには大して苦痛もなかったので、まだ使えるだろうと思ってました。 1代目のSSDを4年使ったころに、SSDは突然しするという噂から、2回めのSSDに交換して現在に至ってます。 ビデオ処理や3Dゲームなど重い処理をさせなければ、プログラム書いてコンパイルするぐらい、まだまだ使えます。 SSDに交換してわかりましたけど、PCの遅さってHDDのせいで、SSDに交換してメモリを増設しておけば、非力なCPUでも結構使えるもんです。 SSD交換はお勧めですよ。

このノートPCは1ドル80円ぐらいの超円高時代だったので5万円も出せばいいものが手に入りました。今は1.5倍ぐらいに戻ってしまったので、5万円ぐらいじゃ、なかなか満足いくものは買えません。 あれを味わったらパソコン1台に10万も20万も出す気になれません。 中古パソコンはどうだろう。程度がわからないので今まで買ったことはありませんでしたが、USB3.0付き、CPUはi3とかi5とか、メモリは8GBぐらい。HDDでもいいや、いま使っているSSDに交換するし。12インチぐらいで5万円以下で買えないものだろうか。 そうしているうちにThinkPad X230で条件に合うものが42,500円で見つけました。 去年買ったNEXUS5が4万円だから、まー、この程度の金額が精一杯よね。

P2172025

新品のドッキングステーションもついて来ましたけど、面倒だから使わないな。外観の程度はとても良く、新品と変わらないぐらい綺麗です。Windows 7が入ってますけど、これを機会にWindows 10に乗り換えましょう。いまのASUS君はWin10で問題があったときのためにしばらく待機してもらうことにして。

Img_20160217_135112

さっそくASUS君のSSDをThinkPad君に載せ替えようとしました。 が! ThinkPadのSSDの厚さが7mm。ASUSのが9.5mmで入りません。 7mmなんて規格、いつの間にできたんだ? 知らなかったよ。

Img_20160218_123507

HDDのまま使う気にはなれないので、SunDiskの480GBを用意しました。これまでSSDは250GBで我慢したたんですが、やっぱりもうちょっと欲しいので。 しかしねぇ。人間って欲深いから、あればあるだけ使っちゃうのよ。満タンになる時期が遅くなるだけ。1TBあっても、すぐに無くなる。

P2282083

これまでThinkPadってほとんど使ったことがなかったけど、これ面白いのね。裏のネジ穴には、CPUにアクセスするときは、このネジを開けろとか指示が書いてある。 そして、この水滴みたいなマーク。もしかして水はここから抜け、という指示? と思って検索してみたら、本当にそういうことらしい。

これはやり過ぎよね。真似したら壊れると思う。けど、HDD交換がネジ1本外すだけでできるとか、ノートパソコンのくせに、修理しやすく作ってあるのは認めてあげよう。 ただ、添付の怪しいソフトとかは御免。 Windows 10にするときは、まっさらにしてLevonoのソフトは一切載せませんでした。

P2282084

いま、除々に作業環境をThinkPadに移行しているのですが、ファンクションキーとCtrlキーの入れ替えとかBIOS設定でできるし、その辺はいいんだけど、1つだけ全然気に入らないところがあります。 このページスクロールの場所と、Home、Endの場所。プログラム書いている人なら、行の先頭や最後に移動するとき、Home、Endを使うと思うんですが、こんな遠いところにあったって打てないって。 レジストリ書き換えてキーマップを交換して、PgUpにHomeを、PgDnにEndを割り当てましたが、ページスクロールもファンクションキーと組み合わせで使いたいのに、キーマップが割り当てられてないので叶いませんでした。

というわけで、初めての中古パソコンでしたが、それなりに使えてお買い得かも。これ、日立のリース会社がリース切れになったのを整備して売っているものらしくって、2年前にリースに出したらしく、3年保証はまだ切れていなく、今年の10月で切れるようです。

|

« テスラ モデルSの自動運転の実験をしてきました | トップページ | ちょっと変わった小型のモバイルマウス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ノート使っていないので関係無いですが、厚さの違いねぇ~。
だって、昔から高速HDDが一番体感出来るのでscsi使っていたりRAID組んだりしていました。
ikeさんの事だからそんなのとっくに知っていると
思っていました。
まぁ、昔と違い浦島太郎状態です...

投稿: 初代ゆーざー | 2016/03/01 20:35

3.5インチのフルハイトとハーフハイトの違いみたいなもんですよ。2.5インチにも厚さが2種類あるなんてねぇ。
HDD? SDDに交換したらすごい幸せになりますって。

投稿: ike | 2016/03/01 21:07

懐かしいフルハイトの「Cheetah」、勿論SSDですが
128GBで十二分です。
それとキー配列の問題いつまでもつきまといます。

うちはOS入れても2.5万くらいです・・・

投稿: 初代ゆーざー | 2016/03/01 21:36

キーの入れ替えは、AutoHotKeyというツールがかなり強力ですよ。僕のキーボードは、HomeとEndが変な割り当てになっているので、ボリュームの大小キー(これこそ不要なキー)に割り当てて使っています。

投稿: こうの | 2016/03/02 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テスラ モデルSの自動運転の実験をしてきました | トップページ | ちょっと変わった小型のモバイルマウス »