« クルーズの寄港先でレンタカーを借りる | トップページ | リアルな食品サンプルの製作体験が面白い »

BMW3シリーズのリバースアシストを試してみた

BMW3シリーズにリバースアシストなる機能が追加されたので、試してきました。これ、あまり宣伝されてないけど、都内に住む人なら結構便利だと思うんだけどな。狭い駐車場で、一番停め難い奥だけ空いていることってありますよね。例えば、こんな状況。入ってからバックで駐車するほど余裕がなくて、最初からバックで後ろから入っていくか、頭から突っ込むしかないような状況。こういう奥の駐車位置はみんなが嫌うので結構あいていることがあります。

こういうとき役に立つのがリバースアシスト。最後の停車位置から50m手前の位置まで自動でバックしてくれます。だから、頭から突っ込んでも簡単にバックして出てこれるってわけ。

Photo_20190924151001

これと同じことができるのか試してみました。まず、駐車場に頭から入っていきます。駐車位置に来たらエンジン停止して車からおります。再び駐車場に戻ってきてエンジンをかけます。リバースに入れるとリバースアシストのボタンが有効になっているので押します。あとはブレーキを緩めながら、駐車場に入るところまでバックで戻ります。この間、周りに障害物がないか見張っているだけ。ねえ、これ便利そうでしょ。どうしてもっと宣伝しないのかな。

 

|

« クルーズの寄港先でレンタカーを借りる | トップページ | リアルな食品サンプルの製作体験が面白い »

クルマ試乗」カテゴリの記事

コメント

こんちわ。

これは最後の50メートルのステアリングの動きを常に記憶しているってことなんですかね?
うっかりしてとんでもなく狭い道に入って二進も三進もいかなくなった時にも応用が利くのかもしれませんね!

投稿: すしえ | 2019/09/25 19:33

はい、50mをいつも記憶していて、バックに入れると、そこから50mはハンドル操作なしに戻れます。袋小路に迷い込んだときなんか威力発揮です。

投稿: ike | 2019/09/25 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クルーズの寄港先でレンタカーを借りる | トップページ | リアルな食品サンプルの製作体験が面白い »