洗濯機をMieleからAQUAへ買い替え、それはもう大変でした

昨年のこと、1999年以来使っていたMiele(ミーレ)の洗濯機がガタガタいって調子が悪かったので、Mieleのサービスマンに来てもらい、ダンパーの修理をしました。そして、今度は1年も経たないうちにドラムが回転するとグーグー異音が出るようになりまして。 ミーレに修理依頼しても週明けの対応になるということで、買い換えることにしました。

しかし、同じミーレ製の洗濯機は35万円以上。この前、食器洗い機を買い替えたとき、値引きはできず、設置料をサービスするぐらいしかできないということで。 

そこで探してみるとAQUAから同じサイズの同じような機能の洗濯機が出ているのを発見。サイズもそっくりだし、機能もよく似てるし。 これは買い替え需要を見込んだ製品ではないかと。 AQUAは、むかし、サンヨーのブランドでしたが、いまはハイアールのブランドというか、AQUAという会社を作って、洗濯機と冷蔵庫をおもにアジアで売ってます。

さて、買い替えるとして、問題の1つは、ミーレの電源は200V、AQUAは100V。 ヨドバシにお願いして、電気工事と設置を同時にお願いしました。 

Img_20180621_142551

これはミーレの洗濯機を引っ張り出したところです。200Vのコンセントがあり、給水は直結になってます。排水パイプがかなり立ち上がってますが、これで排水できるんでしょうか。だとしたら、排水ポンプがついているのでしょう。 電気の方はブレーカーのほうで100Vに切り替えて、コンセントの口も100Vの形に交換されました。 最初、メーカーからの図面によれば、この洗濯機のほうが大きくて、上の台にあたって入らないと言われたのですが、そんなことはないだろうと、とにかく入れてみてもらってみたら、上に隙間が3mmほどあり、入ることが判明。 しかし、水道の直結は工事できないので、電気工事と搬入だけということにして、ヨドバシは帰っていきました。


Img_20180622_194539

水道の部分、散水栓の蛇口につけるような洗濯機用のニップルをつければ給水ホースは繋げられそうです。そこで、こんなものを取り寄せてつけようとしたのですが、ネジのピッチが違うのか、口径のサイズが微妙に違うのかネジが十分に入ることなく止まってしまい取り付けられません。 こまったなぁ。ピッチが違うような気もするし、口径が違うような気もするし。 もう、面倒くさくなってきたので、夜なのにクラシアンに電話して工事してもらうことに。 クラシアンってトイレや水回りの詰まりや水漏れだけでなくて、工事もやってくれるのね。 

Img_20180622_231851

工事の人いわく、ここは裏側で水漏れしてもわからないから、こういうホースが抜けたら水がとまる水栓にしたほうがいいだろう。 ということで、水道のバルブのところから交換することに。 夜遅くに二人がかりで工事してもらい3.6万円かかりました。 まあ、仕方なし。 こればっかりは素人にはわからんです。

Img_20180622_233650

これが交換された水道。 給水ホースがそのままカチッとハマります。 あとは排水パイプの隙間をテープで塞いであげれば完成なのだけど、取り付け説明書によりば、ホースは地面から5cm以上浮き上がってはいけないそうだ。 そうしないと排水エラーになると。 

そこで、さっきから実験しているんですが、洗濯機を収めた状態では、裏側でホースが曲がって立ち上がるらしく、排水エラーになってしまいます。 これはL字の部品でもつくるしかありませんかね。サイズは本当に余裕がなく、左右に3mmほど空いているかどうか。天井は1mmぐらい。 

Img_20180623_013239

Img_20180623_061418

こういうときには3Dプリンタ登場。異径のエルボーを作ってシール材を巻いて排水口に固定。

Img_20180623_080533

何回も洗濯実験を繰り返し、ようやく完成しました。 それにしてもピッタリ作ってあるところに、電圧違いやパイプ違い、排水口の高さまで、いろいろ違って大変でした。

| | コメント (3)

あけましておめでとうございます!

Photo

本年も宜しくお願いします。といっても、とくに例年と変わったこともないです。去年はブログがサボリ気味でしたね。今年はなんか面白いことあるでしょうか。 水中ロボットはちょっと飽きてきたので、陸上に移りたいのですが、思い描くゴールに届くのは、かなり難しそう。 でもね、技術的にはいろいろ揃ってるし、そのうち必ず必要になるものだから。 ボチボチとやりたいと思います。 その前に、会社に置いてある車椅子を引き揚げてこなきゃ。

| | コメント (0)

越前和紙のペーパークラフト、キリンちゃんの製作

Img_20171218_190119

福井で買ってきたキリンのペーパークラフト。道具を準備して製作し始めたはいいんですが、想像以上に高難易度。 まず、ハサミなんかじゃ細かすぎて切れない。カッターで切らないと細かいのりしろとか無理です。 あと、接着にノリと書いてありますが、工作用のノリでは小さいのりしろで十分な強度がでないので、セメダインCぐらいでないと無理。 あとボンドを爪楊枝で塗っていくような狭さ。

Img_20171218_191903_2

あと、接着した部分が乾くまでしばらく押さえておくために、クリップのようなものがあると便利。この道具は電子工作するときに使うクリップなんですが、結構、活躍します。

Img_20171218_225422

1日目は顔を作って終了。全体を通して顔が一番むずかしいかも。小さくて形が複雑です。

Img_20171229_223821

足ぐらいになると部品がだんだん大きくなってくるので、少しは楽になってくるんですが、それでも組み合わせる形状が大きくなってくるので、ズレが目立つようになります。

Img_20171230_100131

貼り合わせる部分は奥深い内側になることも多く、そういうときは箸のような棒を使って押さえながら接着が乾くまで押さえたりします。 ボトルシップを作っているような感じです。

Img_20171230_140424

そして、3日かがり、13時間半を掛けて、ようやく完成。お店でみた完成品よりちょっと出来栄えは良くないけど、ここまでくるととてもかわいい。 これ、設計はどうやってしたんだろう。 3D-CADで作って平面に展開したんだろうか。 まあ、難易度5の最高だけあって、とてもむずかしい工作でした。


| | コメント (3)

越前和紙のペーパークラフトが凄い

Img_20171216_115642

ETロボコンの全国企画会議がこの時期にあるんですが、今年も福井で開催してます。で、開始までに時間があったので、まわりをプラプラしてたらですね。面白い店を見つけたんですよ。 文具屋さんなんですが、店の前にズラッと動物や恐竜が。 これなんだろう? とよくよく見るとペーパークラフトなんですね。 まーーー、よく出来てる。

Img_20171216_115646

このキリンなんか、すごく本物っぽいじゃないですか。 これ、難しいんですかね? とお店の人に聞いたら、「難易度5で一番むずかしいです」 だそうで。 だよねぇ。 でも、買っちゃいました。 1800円

Img_20171216_115700

あら? ここにもっと大きなのが。 こちら高さが70cm。 大きい分だけ優しんですと。 でも70cmを飾る場所がねぇ。 やっぱり小さい方にします。 でもこれでも高さが30cm以上あると思うけど。

Img_20171216_115956

このお店、藤の家文具店といいます。 福井駅から歩いて5分ぐらいですかね。 福井に行ったら寄ってみるといいですよ。


| | コメント (0)

EPSONのインクカートリッジにリセッターを試してみる

今年の年賀状は実家から回収してきたエプソンのEP-808AWを使いました。それまでは3000円で売ってるキャノンのプリンタ。この3千円プリンタ、インクタンクは小さいけど、ドリルで穴を開けて、補充インクを足してたら、コストパフォーマンス最高。 でも、せっかくスキャナもついてネット経由で印刷できる、このEP-808AWをメインプリンタにしたわけです。

P3164759

そうするとまた、インクの問題が出てきまして。とにかくインクが高い! いくら本体を安くしたからといって、ランニングコスト考えると、2年ぐらい使うと本体が買えるほどインク代が掛かりそう。 なので、今回もインク補充作戦を実施するわけですが。 前のキャノンのプリンタは、インクがなくなって補充しても、残量が分からないだけで、そのまま印刷を続けることができました。 今度のはそうは行かないです。

さて、印刷しようかと起動したら、イエローがインク切れ。印刷したいのは黒なんだけどなぁ。印刷以外の機能は動くけど、印刷はまったく動こうとしない。 買っておいたインクを補充したけど、やっぱろ残量がZEROのままなのでうんともすんとも。 ということで仕方なく、インクカセットについているICチップをリセットするリセッターを買いました。

Img_20170315_101724

これと同じようなこと、3Dプリンタのフィラメントでもやったことがある。あのときは、Arduinoにプログラムを入れて、3本だったかの端子をカセットのICに押し当ててリセットして240m入っていることにした。 でも、結局、純正のフィラメントでないと調子が安定しないので、純正を買い続けていますが。

これも同じで、インクカセットのICを装置の端子にちょっと押し当てると、ランプが赤から緑に変わって書き換え終了。ものの1秒ぐらいのこと。 ついでに減っている黒も補充してリセット。

ここから、脅しの画面が続きます(^^)

Img_20170315_101845

Img_20170315_101906

Img_20170315_101912

Img_20170315_101917

Img_20170315_101931

ハイ終了。無事、インク残量は復活して印刷できるようになりました。3千円プリンタのときは残量がわからなかったから、まだ、このほうがいいや。 あとはリセットしたカセットでどれだけ正確にインク残量が出るかですね。
インクも1個300円ぐらいまでなら、毎回買い替えてもいいんだけど、6本で6千円となると、ちょっとお高いのよねぇ。

| | コメント (4)

クロネコのロッカー受け取りを試してみたよ

はい、ご無沙汰してます。ここんところ面倒くさいことが多くて提供できる話題もありませんでしが。年末あたりから宅配業界は通販の荷物でパンク寸前で大変だという話も聞こえてきます。 そうするうちに、我が家の近くのクロネコセンターでロッカーで受け取れるサービスを開始したよ! とクロネコの荷物と一緒に紙が入ってました。 我が家の最寄り駅にはロッカーないので、このサービスは試したことがなかったのですが、とうとう使える日がやってきましたよ。では、さっそく。

不在通知が来たので再配達先に近所のセンターを指定できるようになっていました。 ロッカーと家との距離が2km以内でないと使えないそうです。 で、さっそく再配達先をロッカーにして待つと、受け付けたメールが1通。それから、荷物がロッカーに入ったことを知らせるメールが1通。 あとのメールには4桁のパスワードが2個書いてあります。

Img_20170211_102011

これがそのロッカーらしい。結構、立派なんだけど、こんなサイズでいいのかな。すぐ満杯になりそう。

Img_20170211_102043

人と比べるとこれぐらいの大きさね。一体どこから荷物が出てくるんだか。

Img_20170211_102053

パスワードを2個入れます。それ以外に入力するものはありません。

Img_20170211_102115

すぐに扉が開いて、中にAmazonの箱が。これが扉かぁ。ということは、高さの違う扉が一杯あるんだな。けど右側に扉っぽいのが10個。左側も開くとしたら20個。 荷物の大きさは最大で縦横高さの合計が100cmまでらしいけど、大きな荷物がたくさん来たら扉足りないよな。

Img_20170211_102129

はい、そんな感じで、とても簡単に受け取り終了。うち、去年はAmazonの注文が200件ぐらいあったので、遅くなる再配達は、なるべくこれを利用してあげることにしましょう。近くだから簡単だし。

P2114330

荷物の中身はこれ。LEGOのBMWバイク。べつにバイクがほしいんじゃないけど、そのうち分かるか。

| | コメント (2)

あけましておめでとうございます

2017s

今年も宜しくお願い致します。

なんと! 大晦日から足が痛くなり、また痛風が右足に出てきました。4月に大変なことになったので、あれから薬を飲み始めて、尿酸値も下がっていて、もう痛風にはならないと思ってたのに。ナンテコッタイ。

去年は、水中ロボコンや海洋ロボコンでいい勉強をさせてもらいました。やっぱり、緊張する場面でないと面白さが分からない。

実は今年に向けて、すでに新しい水中ロボットを作り始めてますが、大晦日の昨日。設計不良が見つかって、新年そうそう、また胴体の作り直しをしなきゃいけないことが判明。 でも、凄いよね。元旦だというのにAmazonで部品届くし。

そろそろ新しいことも始めたくて、電動車椅子も準備しました。いや、痛風を予見してたんじゃないです。今度は地上を走る系の開拓を始めてみたいな、と。テストで近所を走り回っているとき、すれ違うお年寄りがたくさん。スーパーに買い物いくのに結構たいへんなようで。これあったら結構楽だと思うんだけど、自分から乗るのは恥ずかしいかな。みんなで乗れば大丈夫だって。

ま、そんなことより健康第一ですかね(^^)

| | コメント (5)

壊れたお風呂リモコンの交換

うちをリフォームしたのが1999年。なのでお風呂の給湯器類もすでに17年目に入ってます。そろそろ寿命が来るかもしれませんが、先日から、勝手に電源が入ったり、風呂の設定温度が47度とか変な値になっていたり、呼び出し音がなり続けたりと、おかしな現象が起こり始めました。 ま、ポルターガイストみたいなもんです。

Img_20161112_202848

ネットで検索してみると、リモコンが壊れると似たような現象になるという報告例があります。 台所と風呂場と2箇所にリモコンがありますが、なんか風呂場のほうがおかしなことをしている気が。 よーく観察してみると、ジージーという小さい音がしている気もするし。 試しに風呂場のリモコンのカバーを取り外してばらしてみました。 ケーブルは2本だけ。 テスターを当ててみると15Vぐらい電圧が来ているので、この2本線だけで電気の供給と通信をしているみたいです。 じゃ、そのうち1本のはんだを溶かして外してみると。 まー、それまでの不調が全くなくなって、台所側のリモコンは快調に動きます。 きっと、この風呂場のリモコンが壊れたんだな。 基板には RC-6301S の文字があるので検索してみると、外観がそっくりのリモコンが1万円で売ってました。 メーカーはノーリツ。 どうやらこれらしいです。

Img_20161112_203124

一応、不良箇所が分かれば、交換しなくても治るかもしれないので、さらにばらして基板の表側も見てみたけど、どこも腐食している様子はないし。 まあ、ダメ元で1台注文してみることに。 うちには給湯器が2系統あって、床暖房と台所と風呂のお湯はりが一緒。 あと洗面所と風呂の蛇口が一緒。なので片方が壊れても、お風呂は入れるわけで急ぐ必要はないんですが、ほっとくとずっとほっときそうなので。

Img_20161123_145201

取り外して新品と比較。上が新しいやつ。下が古い方。型番は一緒だけど、新しいほうには型番の後ろにCの文字が付いているので、バージョンCで3番目なんでしょうか。 パターンが微妙に違いますな。 でも電線が入っていく場所とか同じなので、古い方と同じように外した電線をはんだ付けすれば大丈夫ではないかと。

Img_20161123_150331

新しいキットには本体のほかに壁に取り付けるためのベースやパイプやいろいろ細かい部品が入ってますが、その辺は古いのをそのまま利用することにして、本体の部分だけ交換してはんだ付けして終了。 電線には直流電圧が掛かっているので、古い方を取り外すとき、極性を間違えないように片方にテープを貼って区別しておきます。 そして給湯器のブレーカーを切って作業することも忘れずに。 交換してブレーカーON 無事動きました。風呂場からも台所からも普通に操作できます。 これで修理依頼せずに済みましたよ。 もう17年経ってるんで、ガス屋さんが「治らないから設備交換しましょう」って言いかねないんでね。 そしたらいくら掛かることだか。

| | コメント (3)

海洋ロボコンに出場してきました

沖縄で開催された海洋ロボコンに出場してきました。大会は金曜日のプレゼンから始まりますが、その前に、競技会場を確認しておきたくて木曜に前入り。会場は那覇市の「波の上うみそら公園」の一角です。

Img_20161117_140518

到着したら、既にお仲間が練習調整をしていました。そこで我々も海中の様子を知るために、水中ロボットクラゲちゃんを投入。 予想では、透き通る水で遠くまで見えて、魚が一杯泳いでいる映像でしたが、あまり澄んではいません。2メートル先の浮かんでいるブイは見えるんだろうか、って感じです。

Img_20161117_132006

ここに来る前に、DIY店によってクレ666のスプレーを調達。だって、スプレー缶は飛行機に乗せられないし。これがないと金属をサビから守れないんだな。

Img_20161118_140358

金曜日、琉球大学で開会式をしたあと、最初はプレゼン。持ってきた水中ロボットについて、いろいろアピールして、それが100点のうちの20点の点数になります。 まあ、あとで結果を見てみたら、 どこも殆ど点数に差がなく、15-17点の間に収まっていました。 要するに、水中での競技で結果が決まります。

Img_20161119_103541

プレゼンと平行して競技会場では試走もやっているというので、急いでクルマで引き返し海へ。我々のチームは3人しかいないので、平行して試走開かれてもねぇ。 他のチームみたいに5人も10人も人がいないので、作業分担なんてムリよ。

土曜日、今日は予選です。水はだんだん綺麗になり、2mぐらい先ならブイは見えます。2つのリーグに分かれて2回ずつ競技し、点数の良かった順に、次の日の決勝トーナメントの場所が決まるという仕組みです。 まあ、失敗しても予選落ちするわけではないので、まずは確実に完走して満点を取ることですわ。 予選のルールは、海中のブイを見つけたら、浮上してパス、また潜って次のブイを見つけての繰り返しです。
そして、いちおう2回とも満点を取って、決勝リーグのシード権を得ました。 でもなぁ、1つだけとっても泳ぎの速いロボットがいるんだけど。 クラゲちゃんより3倍ぐらい速く泳ぐのが。

Img_0170

日曜、とうとう決勝リーグで優勝を決める時が来ました。更に水がきれいになり3mぐらい余裕で見える。決勝のルールは海中ブイを見つけたら、浮上して海上ブイにタッチして、パスして潜って次のブイへ。シードされているので2回勝てば優勝です。 準決勝戦では、そんなに慌てなくても勝てそうだったので、ちょっと失敗もしましたけど、なるべく丁寧に。

そして、最後の決勝。やっぱりいちばん速いロボットが勝ち上がってきて、こればっかりはムリしても勝てそうな気がしないので、粛々と普段通りにコースを回るしかありません。 相手チームは早々とゴールして完敗。 うーん、ちょっと悔しいけど仕方ないか。 歴然の性能差だもんな。

相手チームの長崎大学&日本文理大学合同チームのSeabotの決勝映像がYouTubeにありました。はえー。1分14秒ぐらいでゴールしてます。となりのクラゲちゃんはゴールまで1分50秒ぐらいかかりました。

15085579_370510483285825_1691096923
Img_20161120_154754

ということでプレゼンの点数と合計しても6チーム中2位だったので、賞状を頂いて帰ってきました。
いやー、それにしても沖縄までロボットを運んで競技するというのは、思っていたより大変です。飛行機には危ないものは乗せられないので、他にチームは船便で1週間前から運搬するそうな。 うちは片手で持ち上げられるぐらい小さく軽く作ってあるので、機内手荷物で運びましたが。 バッテリーも鉛蓄電池だったから良かったものの、これがリチウムとかニッケル水素電池とかだと、とっても大変なことになります。 海外遠征なんて、とっても無理だな。

Img_20161209_204932

あと、ITメディアさんが取材に来ていて、その記事が公開されていたので紹介します。

イルカ、クラゲ……美ら海水族館の話? いえ、ロボットの名前です――「沖縄海洋ロボコン2016」レポート


| | コメント (1)

クラゲちゃんの最終調整と偏光グラス

Img_20161113_094908

えー、これが先週末最後の海での実験の様子です。奥様、ゴム長靴(ウェーダーというらしいですが)とライフジャケットを身につけて、遠浅だとあまり恐怖感がないようで。 無線方式の海上での到達距離も確認したかったので、なるべく遠くまでは行ってもらいましたが。ここまで届けば十分でしょう。ぜんぜん電波は弱くならない。遠すぎてロボットの様子が全然分からずです。 水中映像とコンパスだけで操縦するのって至難の業ね。

水中ロボットのほうもモーターの位置変更や出力アップを図り、かなりスイスイ泳げるようになりました。あとは藻の絡みつきだけなんですけど、 ネットをつけると推力落ちそうだし。 沖縄の海に藻は浮いてないことを祈って。

Img_20161115_075932

で、また課題が持ち上がるんですが、遠くにいくと水面がキラキラ反射してよく分からないんですわ。 こういうとき偏光サングラスがあるとスッキリ見えるといいますが、試しに1個調達しました。 夜だとよく分かりませんが、PCの液晶画面を覗くと角度により見えたり黒くなったります。 そこで実験プールで実証実験。

Img_20161115_075738

これは朝のプールを窓越しにスマホで撮影したもの。水面に向こうの景色が反射してますよね。

Img_20161115_075745

こちらが偏光サングラスを通して同じくスマホで撮影したもの。水面の映り込みが少なくなってます。

Img_20161115_075750

これも偏光サングラス越しなのですが、グラスを90度傾けて、縦にしてみたところ。水面の映り込みがなおさら際立って。 ということで、偏光サングラスというのは水面の反射の光は遮るものだということが分かりました。効果ありそうなので、ロボコンチーム3人分を調達です。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧