AQUAS 4T-C50AJ1を壁掛けテレビにする

 寝室にシャープの初代液晶テレビがありまして。リフォームしたとき壁掛けテレビにするべく、壁に補強の板を入れてもらってました。あれから20年、電波はアナログから地デジになり、バッファローの地デジチューナーをつけてましたが、そもそも20インチだとベットに寝転んで見るには小さくて、近年はほとんど使っていませんでした。 地デジは4K放送も始まってテレビの値段も相当さがってきたことから、この辺で新しい50インチぐらいに交換することに。 そうすると、壁に入れてもらった板がどの辺にあるのかですが、すっかり忘れてしまって。


Img_20190508_182918


そこで登場するのが下地センサーなる道具。Amazonで1998円でかいました。電源入れて5秒間キャリブレーションしたあと、壁の表面をなぞると下に間柱があったり板があったりすると、センサーが反応してバーグラフと音でお知らせ。その様子がこれ。なかなかわかりやすくで簡単です。


 


そして板の入っている範囲が判明しました。この青い付箋紙で囲まれたところが板が入っている部分。リフォーム中に、今後は壁掛けテレビが主流になるだろうから、ここにテレビを掛けられるように補強の板を入れてほしいとお願いしたんですが、場所がちょっと下すぎて、寝てみるには高さが足りなく、前の20インチテレビは板の上側ギリギリにつけてました。


Img_20190510_084411


さて、壁に取り付ける金具ですが、なるべく下向きに傾斜させたいので、ちょっと工夫が必要です。この50インチテレビの下側はスピーカーの膨らみがあって、壁にかけて下に向かせるとスピーカーの部分が壁にあたってあまり下向きになりません。なので、金具に付属のスペーサーを使って、すこしTVと金具を離します。そして、なるべく金具が下になるようギリギリまで。これでだいたい20度ぐらいは傾けられました。


Img_20190510_121934


壁に取り付ける側の金具ですが、水平器が付いていて、それを上部に取り付けて作業すると水平が簡単に分かります。まあ、それでなくても昔のテレビの穴が空いているので、それを利用すれば水平だったんですが。金具の右側にあるのは、リフォームのときにつけてあったコンセントとアンテナの口です。


Img_20190510_123803


設置のほうも奥様と二人がかりで、なんとかできました。昔に比べて大きい割には軽い気がします。B-CASカード入れて、アンテナケーブルつないで、コンセントを差し込んだら起動しました。画面はAndroidスマホと同じ。これ、でっかいAndroidタブレットみたいなものじゃん!


Img_20190510_151851


地デジもBSもケーブル接続は間違っていなかったみたいです。簡単な設定をしてAndroidスマホと同期させたら、Wifi設置とかGoogleアカウントとか同じものがTVのほうに乗り移りました。うちはHDDレコーダーがDIGAで離れた部屋においてあって、録画予約や消去はネット経由でおこないます。最初のうち、どうやったらDIGAの録画を再生できるのかわかりませんでしたが、TVのファームを最新にしたら、アプリでホームネットワークアプリというのが登録できて、それを使うとDIGAの再生もできるようになりました。YouTubeやAmazon PrimeはTVにもともと入っている機能で見れるし、まあぁ、便利になったこと。


Img_20190510_155435


こう便利になってくると、最近、YouTubeでなんとか王とかクイズ番組をよく見ている奥様が、引きこもりにならないか心配であります。



| | コメント (0)

冷蔵庫から食卓へ直行、ドレッシングケース

Img_20190422_085249

我が家は割とサラダを食べる方なのですが、ドレッシングは3-4種類揃えていて、気分によって好きなのを食卓で掛けるほうです。そうするとたくさんのドレッシング容器を冷蔵から食卓に運ぶのですが、一度に抱えるのが割と難しくて、いい方法がないか考えてました。こういうのはどうでしょうね。一列に並んだドレッシングケース。冷蔵庫のポケットからそのまま引き上げて食卓へ。使ったあともそのまま持っていってポケットにポイ。持ち運びがとても簡単になりました。最近、こういうちょっと便利なグッズを3Dプリンタで印刷して、日々、カイゼンをしてます。モデルファイルをおいておくので宜しかったらどうぞ。20cm四方の印刷ができるプリンタなら一度に印刷できます。3本はキューピーのドレッシングにピッタリ合うようになってます。四角いビンはマルタのえごまオイルです。

Img_20190422_085305

Img_20190422_085531

ダウンロード - dressingcase.zip

 

| | コメント (0)

ロボットがバーテンダー、ラスベガスのTIPSY ROBOT

CES2019に行ったついでに、ラスベガス市内にある、ちょっと変わったバーに寄ってみました。ロボットがバーテンダーというTIPSY ROBOTという名前のバー。バーというから、どんだけいかがわしいかと想像したけど、通りに面した1Fにあって、入り口は至って普通のお店みたいな感じ。

TIPSY ROBOTの入り口

中には、ずらっと椅子とタブレットが並んでいて、誰に断ることもなく勝手に着席して、タブレットから注文をだします。

店内の風景

タブレットにはいろんな種類のカクテルがあって、それを選んで調合具合を調整したり、まったくオリジナルのカクテルを作ってみたりできます。

タブレットで注文

調合が終わると、クレジットカードを通して決済して注文を出します。すると前のディスプレイの順番待ちに入ります。

Dsc_6479_2

順番がくると2台あるうちの1台のロボットがカクテルを作り始めます、上からぶら下がっているお酒にカップを押し当てて入れたり、蓋をしめてシャカシャカ降ったり。 出来上がると前のテーブルに置かれて完成。 一応、店員さんがいるので、出来上がりを呼び出したり、問題があったら対処したりしているので、無人ではありません。

ま、ラスベガスに行ったら、話の小ネタに寄ってみてください。1杯、10-13ドルぐらいだったと思います。

| | コメント (0)

CES2019に行ってきました。日本で見れないものを紹介

さて、本命のCES2019です。去年と比べるとブースが少し減ってる気がします。もしかして、これがこれから先の景気を占っていたりしてね。あと、変なものが少ないです。だんだん成熟してきたのかな。もう自動運転もドローンもヘルスケアも、みんな当たり前になってきて、チャレンジャーやね。と言えるものが少ないです。

アレクサが搭載されたアウディ

アレクサを搭載したAudiの車。でも、便利なのかな。自動運転は多人数乗りのバス型にみんな移っていって、どうやって室内で楽しむか、に注目が集まっているようだけど。

2年前に電動車椅子を買って、自動運転にして、つくばチャレンジに出てみたいと思ってたら、同じコンセントの製品が出てきました。呼ぶと自動でやってきて、乗って障害物に突進しても止まってぶつからない。 歩道は狭いから自動運転は大変だろうな。

AmazonのKeyサービス

Amazonが再配達で困っているので、家の鍵のアクセス権を管理して、留守のときには家に荷物を置いていってくれるやつ。使えるシーンはこれだけでなく、家政婦の出入りとか、会社の掃除のおばさんの出入りを管理したり、とにかくいろんなところへのアクセスの鍵を管理するプラットフォームに進出。これ、日本だと流行るのだろうか。

AIチェクボード

AIがチェスや将棋の相手をするのは当たり前だけど、そのUXが実際のチェス盤を使ってやるやつ。ちょっと分厚いチェス盤だけど、中に機械が入っていて、AIが駒を自動で動かす。 コンピュータの画面だと味気ないものね。将棋をアームロボットでやるのは日本でもあるけど、この分厚さに収めるのは難しいかな。

猫のルームランナー

猫のルームランナー。うちのモフモフは絶対遊んでくれないと思う。猫は気まぐれ。

ドローン型ヘリコプター

BELLというヘリコプターの会社が、ドローン型のヘリを持ってきた。エンジンで発電してモーターで回すらしいが、従来のヘリより、こっちのほうがいいのは、どういうところなんだろう。とにかくバカでかい。

一番すごいのはこれ。HOVERBIKEというんだけど、もう製品になってて、アメリカの連邦航空局が認可を出していて、2019年からドバイの警察が実際に使うという。 高度5mを時速60マイルで飛ぶんだって。人が乗った状態なら10-30分飛べるし、ドローンモードだと40分とか。なにそれドローンモード。けど、このローターがむき出しなのは、ほんとに大丈夫なのか? 乗ってる人にはガードがあるが、低空を走ったら殺人マシンになるけど。

水中モノはずっと見てきてて、だいたい1つの形に収れんしていってるなかで、また新しいジャンルの水モノ。電動のサーフボード? ちょっと短いからボディボード? だんだん速度が上がると水中翼船のように浮き上がってくる。これ、ジェットスキーの代わりになると思うけど、免許はどうなるんだろ。

ま、この辺が、なかなか日本では見かけない変なものでした。

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます

あ、いつもの年賀状、どうぞ! クリックで話に飛びます。

2019small_2


| | コメント (0)

テレビ映りが悪い!5G電波による電波障害対策をしてもらいました

最近、テレビ映りが悪いと感じてませんか? うちは平昌オリンピックのときに少し入が悪くなって、夏頃から更に悪くなって、アンテナの調子が悪いのか、屋内配線が悪いのか、いろいろ疑ってはいたんですが。 あの猛暑日も過ぎて、そろそろ屋根に上がっても火傷をしないだろうからと、アンテナを調べに屋根に上がってみることにしました。

Img_20181103_125811

これ、一番映りの悪いフジテレビ。ひどいとこんなになってしまう。調子のいいときはブロックノイズがポロポロ出るぐらいでしが、もう見れる状態ではないし。

Img_20181103_153247

テレビのアンテナ設定で、チャネルをスキャンしなおしてみると、NHK総合とTVK以外は、みんなアンテナ強度が40台でひどい状態。 一番悪い、フジテレビにチャンネルを合わせて、アンテナの向きを調整しみます。
実は、うちにはUHFアンテナが2本ありまして、1本は昔のUHFを見るために20年前からついているやつ。もう1本は地デジが始まったあとに、映りを良くするためにもう1本建てて、みなとみらい中継局を狙って建ててありました。 2010年に戸塚中継局というのができて、最近、近所で建ててるアンテナはみんな、そちらを向いているようなので、後からつけたアンテナを戸塚中継局に向けてみます。

それで脚立を物置から出していたら、隣のおばちゃんから話しかけられ、屋根に登ってアンテナの調整をするんだと話していたら、最近、近所からテレビの入りが悪いとクレームが出ているらしくて、おばちゃんのところにもテレビ映りが悪くないかと聞きに来たそうです。

そこでネットで検索してみたら、これまでアナログTVの周波数帯である700MHzを携帯に割り当てるので、電波障害が起きるかも知れないから、と相談窓口があるのを見つけました。


テレビの受信障害対策が始まっています


もしかしたら、テレビ映りの悪いのは、このせいなのかもしれません。フリーダイヤルに電話してみます。そして、いろいろ症状とか始まった時期とかテレビの受信方法だとか、いろいろ質問されるのですが。 「オリンピックのころに映りが悪かった」、という回答の部分にすごくこだわって、電話口の人は、「携帯電波の送信開始時期とは違うから、違う原因だと思うので、電気店とかに相談してくれ」というではありませんか。 でも、6月に試験運転、8月には本運転している携帯アンテナが近くにあるらしく、 アナログTV時代のブースターをつけている家庭が対象だというので、時期以外はうちも十分当てはまるから、後ろの技術の人に代わってもらって、うちの事情をいろいろ説明しました。 そしたら、とにかくLET電波がアンテナから入ってきているのを確かめてみるという話になり、さっそく、日曜にやってきてくれることに。 ありがたや。

アンテナの調査の後にアンテナの向きを変えてみるか、きょうの天気のいい間にやってみるか。どのみち現況では民放はまったく駄目なので、戸塚中継局に1本、向きを変えてみます。

Img_20181103_152634

関東の家の屋根って、いきなり2階だから落ちると相当な落差。ちょっと怖いわ。この風景、前にもみたんだけど、眺めいいよねぇ。ドローンを飛ばしてたときも、同じ風景撮影してた。 もうこの辺では飛ばせないけどね。

Img_20181103_154106

これが戸塚中継局に向きを変えた後の電波強度。相当改善しました。ただ、NHK総合だけは、チャンネルを切り替えた直後に、ポロポロとブロックノイズが入るときがあります。ここは少し弱そう。

翌日、朝9時に業者さんがやってきました。まず、TVチューナーに入っていくケーブルを計測器につないで、LTE電波が入ってきているか確認すると、やっぱり入ってきてました。 なので、さっそく屋根に登って作業開始。

Img_20181104_095714

少し雨がパラついて屋根はとっても滑りやすくなってます。このまえ屋根を塗装してもらった職人さんからも気をつけるように言われてました。

Img_20181104_094334

このフィルタをアンテナから混合器に入るケーブルの途中に取り付けるそうです。非売品だそうで。うちはUHFアンテナが2本あるので、2個取り付けられました。 屋根の上でも電波のなにかを測っていたし、作業が終わったあとも、再度、家のなかのTVチューナーのところでLTE電波がカットされているか確認してました。 全部で作業時間は1.5時間ほどかかりました。 ご苦労さまです。

Img_20181104_103408

これが全作業が終わったあとに、再度、テレビで電波強度を測った画面です。NHKとTVK以外はずいぶんよくなりました。 スキャンしている様子をみると、NHK総合は27chを掴んでいるっぽいので、これは昔からあるアンテナがスカイツリーからの電波を掴んでいるみたいです。

そんなわけで、うちのテレビチャンネルは、ぜんぶちゃんと映るようになりました。しかしまあ、このテレビ電波障害の話。あまり話題になっていない気がするんですが、地デジ対策のときってひっきりなしに告知してましたよね。今回は対象世帯がすくないのか、それとも対策うってるのが、テレビ局でなく携帯電話会社のためなのか、なんとなく、こっそりやっている気がしてなりませんね。

話をまとめるとこういうことになります。 アナログTV時代に取り付けたブースターは、使わなくなったアナログTVの電波を増幅する能力を持っているのですが、 アナログTVの電波が止まって空いた周波数帯(たぶんこれが今回の700Mhz帯)ので、そこに5GのLTE電波を割り当てることになり、最近、基地局が電波を出し始めました。 すると、昔のブースターは、そのLTE電波も増幅してしまい、それがブースターに悪影響を与えて、地デジの電波障害になって現れる。 ということらしいです。 昔からブースターを使い続けている方は、さいきん映りが悪くなったと感じたら、問い合わせてみたらどうでしょうか。

| | コメント (2)

マリアージュ・フレールの紅茶瓶用3Dプリントアダプター

家での飲み物は、大抵、紅茶なのですが、昔からいろいろ試した結果、フランスの紅茶が一番美味しいかと。それもFAUCHONかマリアージュ・フレール。とくにマリアージュ・フレールは理科の実験の薬品の瓶みたいなのに入っているのを時々買います。これ、ガラスでできていて、昔はきれいな色がついていたのに、最近は、光を通さないようにするためか、みんな黒い。 この瓶から適量の茶葉を取り出すには、柄の長いスプーンを使わないとできないし、残りが少なくなると更に困難。

 

P8267957_2

 

そんなわけで、なにかいい手がないものかと、紅茶瓶アダプターを3Dプリンタで作ってみました。瓶の口がすりガラスになっていて、微妙に口径が細くなっていくのに合わせれば、アダプターはスッポリしっかり。3分割で作って、接着して仕上げます。

 

 

試してみると、使い勝手はまあまあ。

 

 

というわけで、作ってみたい方はSTLファイルをどうぞ。身近に3Dプリンタがあれば出力できると思います。

ダウンロード - teaadapter.zip

 

| | コメント (0)

洗濯機をMieleからAQUAへ買い替え、それはもう大変でした

昨年のこと、1999年以来使っていたMiele(ミーレ)の洗濯機がガタガタいって調子が悪かったので、Mieleのサービスマンに来てもらい、ダンパーの修理をしました。そして、今度は1年も経たないうちにドラムが回転するとグーグー異音が出るようになりまして。 ミーレに修理依頼しても週明けの対応になるということで、買い換えることにしました。

しかし、同じミーレ製の洗濯機は35万円以上。この前、食器洗い機を買い替えたとき、値引きはできず、設置料をサービスするぐらいしかできないということで。 

そこで探してみるとAQUAから同じサイズの同じような機能の洗濯機が出ているのを発見。サイズもそっくりだし、機能もよく似てるし。 これは買い替え需要を見込んだ製品ではないかと。 AQUAは、むかし、サンヨーのブランドでしたが、いまはハイアールのブランドというか、AQUAという会社を作って、洗濯機と冷蔵庫をおもにアジアで売ってます。

さて、買い替えるとして、問題の1つは、ミーレの電源は200V、AQUAは100V。 ヨドバシにお願いして、電気工事と設置を同時にお願いしました。 

Img_20180621_142551

これはミーレの洗濯機を引っ張り出したところです。200Vのコンセントがあり、給水は直結になってます。排水パイプがかなり立ち上がってますが、これで排水できるんでしょうか。だとしたら、排水ポンプがついているのでしょう。 電気の方はブレーカーのほうで100Vに切り替えて、コンセントの口も100Vの形に交換されました。 最初、メーカーからの図面によれば、この洗濯機のほうが大きくて、上の台にあたって入らないと言われたのですが、そんなことはないだろうと、とにかく入れてみてもらってみたら、上に隙間が3mmほどあり、入ることが判明。 しかし、水道の直結は工事できないので、電気工事と搬入だけということにして、ヨドバシは帰っていきました。


Img_20180622_194539

水道の部分、散水栓の蛇口につけるような洗濯機用のニップルをつければ給水ホースは繋げられそうです。そこで、こんなものを取り寄せてつけようとしたのですが、ネジのピッチが違うのか、口径のサイズが微妙に違うのかネジが十分に入ることなく止まってしまい取り付けられません。 こまったなぁ。ピッチが違うような気もするし、口径が違うような気もするし。 もう、面倒くさくなってきたので、夜なのにクラシアンに電話して工事してもらうことに。 クラシアンってトイレや水回りの詰まりや水漏れだけでなくて、工事もやってくれるのね。 

Img_20180622_231851

工事の人いわく、ここは裏側で水漏れしてもわからないから、こういうホースが抜けたら水がとまる水栓にしたほうがいいだろう。 ということで、水道のバルブのところから交換することに。 夜遅くに二人がかりで工事してもらい3.6万円かかりました。 まあ、仕方なし。 こればっかりは素人にはわからんです。

Img_20180622_233650

これが交換された水道。 給水ホースがそのままカチッとハマります。 あとは排水パイプの隙間をテープで塞いであげれば完成なのだけど、取り付け説明書によりば、ホースは地面から5cm以上浮き上がってはいけないそうだ。 そうしないと排水エラーになると。 

そこで、さっきから実験しているんですが、洗濯機を収めた状態では、裏側でホースが曲がって立ち上がるらしく、排水エラーになってしまいます。 これはL字の部品でもつくるしかありませんかね。サイズは本当に余裕がなく、左右に3mmほど空いているかどうか。天井は1mmぐらい。 

Img_20180623_013239

Img_20180623_061418

こういうときには3Dプリンタ登場。異径のエルボーを作ってシール材を巻いて排水口に固定。

Img_20180623_080533

何回も洗濯実験を繰り返し、ようやく完成しました。 それにしてもピッタリ作ってあるところに、電圧違いやパイプ違い、排水口の高さまで、いろいろ違って大変でした。

| | コメント (3)

あけましておめでとうございます!

Photo

本年も宜しくお願いします。といっても、とくに例年と変わったこともないです。去年はブログがサボリ気味でしたね。今年はなんか面白いことあるでしょうか。 水中ロボットはちょっと飽きてきたので、陸上に移りたいのですが、思い描くゴールに届くのは、かなり難しそう。 でもね、技術的にはいろいろ揃ってるし、そのうち必ず必要になるものだから。 ボチボチとやりたいと思います。 その前に、会社に置いてある車椅子を引き揚げてこなきゃ。

| | コメント (0)

越前和紙のペーパークラフト、キリンちゃんの製作

Img_20171218_190119

福井で買ってきたキリンのペーパークラフト。道具を準備して製作し始めたはいいんですが、想像以上に高難易度。 まず、ハサミなんかじゃ細かすぎて切れない。カッターで切らないと細かいのりしろとか無理です。 あと、接着にノリと書いてありますが、工作用のノリでは小さいのりしろで十分な強度がでないので、セメダインCぐらいでないと無理。 あとボンドを爪楊枝で塗っていくような狭さ。

Img_20171218_191903_2

あと、接着した部分が乾くまでしばらく押さえておくために、クリップのようなものがあると便利。この道具は電子工作するときに使うクリップなんですが、結構、活躍します。

Img_20171218_225422

1日目は顔を作って終了。全体を通して顔が一番むずかしいかも。小さくて形が複雑です。

Img_20171229_223821

足ぐらいになると部品がだんだん大きくなってくるので、少しは楽になってくるんですが、それでも組み合わせる形状が大きくなってくるので、ズレが目立つようになります。

Img_20171230_100131

貼り合わせる部分は奥深い内側になることも多く、そういうときは箸のような棒を使って押さえながら接着が乾くまで押さえたりします。 ボトルシップを作っているような感じです。

Img_20171230_140424

そして、3日かがり、13時間半を掛けて、ようやく完成。お店でみた完成品よりちょっと出来栄えは良くないけど、ここまでくるととてもかわいい。 これ、設計はどうやってしたんだろう。 3D-CADで作って平面に展開したんだろうか。 まあ、難易度5の最高だけあって、とてもむずかしい工作でした。


| | コメント (3)

より以前の記事一覧