地下深くに石油を備蓄する国家石油備蓄基地、ちかび展示館

いま、ETロボコンの手伝いで鹿児島に来ています。鹿児島は何回か来ているので、だんだん観光するところもなくなってきました。今回は思い切って川内原発のある西側の海岸へ行ってみました。
えぐち家という宿に泊まってロビーでくつろいでいると、「ちかび展示館」という小さいパンフレットが。ちかくに地下に原油を備蓄している基地の展示館があるようです。なかなかお目にかかれない施設。それにトリップアドバイザーにも出てこない。という珍しさなので行ってみました。

P9233670

施設は少し山の中に入ったところにあります。岩盤をくり抜いて大きなトンネルを10本掘り、その中に原油のまま石油を備蓄してあるので、場所も辺鄙なところ。 駐車場についたときは全くクルマが停まっていなかったので、ほんとうに人が来るのだろうかと思いましたが、見終わって帰る頃に観光バスでおばちゃんたちの団体客が。
原油を精製してガソリンや灯油ができるのは知ってますが、ナフサって一番最初に出てくる物質なんですね。じゃ、一番良く燃えそう。

P9233671

石油の備蓄方法はいくつかあって、この地下にトンネルを掘る方法は全国に3箇所あり、ここはその1つだそうで。で、トンネルを掘ると残土がでますが、それで埋め立てた工業団地が近くにありました。

P9233656

実はここに来る前に、工業団地の中にあるさつま揚げの工場「日高水産」に寄ってきて、さつま揚げを実家に送ったところなのでした。

P9233679

それにしても日本は沢山の原油を輸入してジャンジャン使っているんですねぇ。これが止まったら大変なことになるのは一目瞭然。だいたい戦争の原因は、エネルギーか食料か水。 また、戦争にならないことを祈ります。

ここの展示館が面白いのは、展示も豊富なのはもちろん、地下のトンネルに続くアプローチのトンネルをそのまま転用しているところ。だから展示館も縦長です。 一番奥には、さらに地下に続くトンネルがありました。 これを降りていくとスリル満点で面白そうです。

P9233689

エネルギー繋がりで、いま稼働中の川内原発も見てきました。原子炉を冷やすには水がいるので、施設も海沿いにあります。 原発って山の中に作るのはムリなんですね。

P9233701

すぐそばには川内原子力発電所展示館があり、原発の仕組みがよくわかります。 賛成反対、いろいろ意見がありますが、まずは、よく知っておくというのも大事かな。 温排水は環境的にちょっと問題だと思うんですが、海水との温度差から更に発電できないもんなのでしょうかね。10度も差があるのに。

| | コメント (0)

ケロリンって、まだあるんですね。富山の薬売り

Img_20160821_134439

立山に行く前に、富山で有名といえば薬売り。昔の風情が残っている池田屋安兵衛商店という場所へ。昔から薬を作って売り歩いていたお店らしいです。

Img_20160821_134606

この辺の薬は薬草をこねて粘度みたいにして、あとは小さくちぎってから丸めて丸薬にして昔から売っているやつ。 動悸の気付けやお腹の薬が多いですね。

Img_20160821_134653

こちらはレトロなパッケージ。ケロリンを発見! ケロリンって、銭湯の風呂桶ぐらいしか見かけたことがないのだけど、まだ薬は健在してました。 成分を見るとアスピリン系の痛み止めなんですな。今で言うところのバファリンみたいなもの。 なつかし~い。 他にも綺麗なパッケージがあって1つずつかって飾りにするのにもいいかも。

360_0235

店内はこんな感じ。よく時代劇に出てくるお店というと、ちょっと高いところに番頭さんがいて、帳面に墨で書き入れている風景がありますけど、あれと同じ作りですね。

お店の人が昔の機械を使って、どうやって丸薬を作っていたかを説明してくれます。 まあ、うまい具合に出来ますわね。何か買って帰ろうと買えるものを探してたんですが、とくにお腹も弱くないし、飲んで痩せられるものもなかったので、買わずじまいでした。

| | コメント (1)

立山室堂に富山側から登ってみました

2年前に雪の大谷を見に行った時は、長野側からいろんな乗り物を乗り継いで登っていったのが結構楽しかったので、今度は富山側から行ってみました。 そして雪のない緑の山肌が見れるというので。
金沢にいる間に台風がいきなり3個も発生。 どうなるんだろうと心配はしましたが、なんとかなりましたね。特に9号がやってきそうでしたけど、東日本のほうにそれていったのでセーフ。
そして、いつもはデジカメでなんでも撮影するんですが、せっかく買った全天球カメラの360camを使っていろんな場所で撮影してみます。 でもね、このカメラ。起動が遅いし電池も持たないし大変なんだよねぇ。

出発地の立山駅に到着して、クルマを駐車場に置き、切符売場に行ったらちょうど出発する電車があり飛び乗りました。でも座れない。たぶん台湾だと思うんだけど、団体客と一緒に。 結構な急勾配でケーブル切れたら絶対に死ぬね。乗っている時間は7分ぐらい。すぐに着きます。

美女平に到着したら、次はバス。乗り継ぎの時間は合わせてあるから、すぐに乗れます。そして1時間ぐらいグネグネした坂道を登っていくわけですが。 台風接近で雲が多くて、殆どまわりが見えませんでした。 うーん、残念。 途中、山荘とかホテルのバス停で乗降客を乗せ換えますけど、途中下車してまた乗るときは予約しないとダメみたいで。立って乗るわけにもいかないから、座席を確保するためなんでしょう。

360_0283

お昼ごろには到着したので、ホテル立山にチェックインし、荷物を半分預けて、14時半からのみくりが池の散策ツアーに参加したわけですが。やっぱり午後は天気悪くなるし、台風の影響もあり、出発して10分ぐらいで雨が降ってきて止みそうになかったので、引き上げてきました。 明日になれば台風も行ってしまって天気がよくなる気がしたので。

360_0349

翌朝、そうそうに朝食を食べて、8時頃からみくりが池へ。最初のうちは雲がかなり出てましたけど、だんだん晴れてきて、最後は暑くていい天気に。雷鳥? いませんでしたねぇ。天気が悪いほうが天敵に狙われないので出やすいという話ですが。 奥様はときどきポケモンGOのチェック。 意外と居るんですわ。

山荘への資材運搬は、キャタピラがついた乗り物で運ぶのですな。 ジュースや料理などいろいろ値段が高いですけど、ここまで運んでくるのも大変なこって。

9時頃にはホテルに戻り、荷造りしてチェックアウト。それから逆コースをバスに乗り、ケーブルカーに乗って降りてきました。 早いうちは上がってくる人が多いので、ケーブルカーは空き空きです。
で、長野側と富山側の2方向から登れるわけですが、長野側のほうが面白いかなぁ。変わった乗り物は沢山乗れるし、ダムとかロープウェイの景色もいいし。 富山側だと見て面白いものが少ないし。
そんなわけで、なんとか台風を避けて行ってこれました。

| | コメント (3)

大谷石の大空間、なかなかの迫力

昔はどの家の塀にも大谷石がよく使われてましたが、耐震性か費用の問題で最近はあまり見かけなくなりました。この大谷石は大谷という地名のところから採れるから、そう呼ばれているらしくて、その石切り場が地下都市のように広がっているというので、一度みたいと思ってました。

P3042266_stitch

場所は宇都宮駅から10kmぐらい、車で30分もあれば着きます。近づいていくと周りの家の塀がみんな大谷石になり、蔵の壁も大谷石でできていて、そもそも裏山が大谷石でできているという具合です。この辺はどこを掘っても大谷石が採れるんでしょうね。この大谷石資料館の駐車場も大谷石を露天掘りした跡地らしいです。

P3042273_stitch

階段を降りて行くとだんだん気温が下がってきて、最終的に3度。冬だから厚着して行きましたが、夏は涼しいを通り越して寒いでしょうねぇ。とても大きな空間なので、映画やCMの撮影、新製品発表会などに利用されているそうです。世界を見渡しても、なかなかこれほどの巨大地下空間はなさそう。

P3042461

冬になると石の塩分が結晶になって綿毛のように出てくるんですが、試しに舐めてみましたけどしょっぱい感じはしませんでした。これは本当に塩分なんでしょうか。ミネラルだと思うんですけど。

P3042485_2

近くには大谷公園という、これまた石切り場だったところを公園にした場所があり、その壁面には大きな観音様が掘ってありました。なかなか立派なものです。大谷石資料館は宇都宮駅から近いので、近くにいったら立ち寄ることお勧めです。 暖かい上着を忘れずに。

| | コメント (4)

紅葉の足は早いのね

10月の3連休明け、ニュースで那須ロープウェイの紅葉が見頃というのを見て、ちょっと見に行きたいなぁ、と速攻で宿を取って、次の週末が明けて月曜火曜で行ってみました。平日にしたのでそんなに混んでないだろうと思ったけど、年配の旅行客でごった返していました。 いやー、みんな暇があるのねぇ。

10900109_1002451019829036_599724525

那須ロープウェイ周辺の紅葉はピークを過ぎていて、紅葉前線はもっと南下していました。 今週末は日光いろは坂が見頃らしいし。 一度、行ってみたかったのよねぇ。 いろは坂。 随分と渋滞するらしいけど。北陸の人間にとっては珍しいところ。 そんなわけで、いろは坂にも行ってみました。

12144660_1002435936497211_686211526

今回の旅行は、観光地に沢山いくのはやめて、ゆっくりのんびり移動することにしたので、いろは坂に到着したのは2時過ぎ。 だから第2いろは坂の上りはぜんぜん混んでません。 走っていると後ろから救急車の音が迫ってきます。 どこに行くんだろう。 もし反対側の第1いろは坂だとしても、一方通行だから、ぐるっと回っていくのだろうか。 そんなことするより中禅寺湖側から救急車で向かったほうが早いよね。 原因はよくわからないけど明智平ロープウェイの駐車場手前で渋滞が始まり、駐車場に入るのに少しノロノロでした。

12112023_1002435853163886_161955933

山頂からは中禅寺湖と華厳の滝が見えます。華厳の滝って中禅寺湖から溢れた水が崖からこぼれ落ちているんですね。あれだけ流れでても減らないということは、同じ量が中禅寺湖に流れ込んでいるということ? そんなことを考えながら、帰りの下りはかなり渋滞しましたが、その日のうちに横浜まで帰ってこれました。

Pa201238

帰りの東北自動車道の上り、羽生PAに一度寄ってみたかのが実現しました。 鬼平犯科帳?の真似をした作りだけどなかなか良く出来てます。夜のほうが光の加減で余計に綺麗な江戸時代の町並みに見えます。

そんなわけで、駆け足の紅葉狩りでした。往復でおよそ600km 金沢に帰ると思えば近いものです。次はどこにしましょうかね。

| | コメント (3)

桜島噴火、地元の人は気にもしてないよ

先週末、ETロボコンの手伝いで鹿児島に行って来ました。鹿児島というより主に霧島です。懇親会で地元の人に桜島噴火の件を聞いてみたんですが、「阿蘇に持って行かれたなぁ」と残念顔。 あとから阿蘇山の噴火がニュースで流れましたけど、あちらに話題が移ってしまって残念な様子です(^^ゞ 
朝のテレビの天気予報でも風向きの話しか出てきません。平常運転です。ほんと、気にしてないんですねぇ。

P9270652_stitch

桜島フェリーの運行状況を見ましたが、桜島噴火の話は出てきません。そんなわけで怖いもの見たさに桜島へ行ってみることにしました。鹿児島市から桜島へフェリーで渡ります。

P9270665

そして、去年の夏にも来た、有村溶岩展望所に来ました。観光客が居ません。車ないし。展望台から帰ってくるころには2台ぐらい増えましたけど、ぜんぜん少ないです。この日は日曜日ですよ?

P9270666

そして、ドッカーンと噴煙を上げてる桜島を見たかったんですが、「あれ?」って感じです。 霧島から見ると噴煙が上がっているのが分かるのですが、南側から見ると、雲に混じってどこが噴煙だかサッパリ。 もう、まったく平常です。
やっぱりテレビが騒ぐからこんなことになるんですよね。 御嶽山の噴火は相当のインパクトがあったので怖がるのは仕方ないですが、やっぱりちゃんと状況を伝えないと、観光のダメージが大きくて可愛そうです。

とういうわけで、桜島は平常運転でした。

| | コメント (3)

箱根、噴火って騒ぎすぎ。もうガラガラで狙い目

水中ロボコンも終わったし、久しぶりにノンビリしているんですが。そういや、ガラスの森美術館、食事付き入場券が株主優待であったんだけど、いま、箱根は誰も近づかないから空いているんじゃ? と11時過ぎに富士山を出発。ちょうど12時きっかりに現地につきました。 

P9060347

いやー、いつもなら混むからこんな時間に絶対近寄らないんだけど、渋滞はZEROでしたよ、ZERO。どこも混んでない。こんなの初めてです。雪でも降って通行止めにならないと、こんなに空いていることはないです。
レストランもまったく順番待ちなし。室内でも屋外でもどこでも好きな場所へ。 いま12時過ぎのお昼時でっせ。この写真の真ん中のところが大涌谷。ここから3kmぐらい先。確かに白い湯気がモクモク出てるけど、いつもよりは多いね。でもさぁ、こんなんでびびってたら、桜島とか阿蘇山とか近寄れないんだけど。テレビで大げさに報道しすぎるのよねぇ。いまから紅葉の季節になってこの状態だったら、とてもお買い得な旅になりそう。

P9060328

いま、ガラスの森では香水瓶の展示をやってます。ここの展示、結構入れ替える。ガラス繋がり。

P9060327

池には今年生まれたカモが6羽いて、潜ったり遊んだりしてました。カモかぁ、カモロボットねぇ。時々潜るのねぇ。ありかもねぇ。

P9060333

で、お昼食べて帰って来ました。いやー、ありえん。こんな気軽にいつも来れるならいいのに。従業員の人に入り具合を聞いてみたけど、だんだん復活してきたと。これで復活かぁ、一時期はもっとひどかったんだろうなぁ。

P9060351_stitch

庭にはガラスで出来たススキが飾られてました。あと2ヶ月するとススキ真っ盛りシーズン。そのころにはどうなっているんでしょう。 いま行けばスキスキですよ。

| | コメント (2)

秋田のなまはげを見てきました

秋田といえば竿燈まつり、と、なまはげ。なまはげ行事を見せてくれる男鹿真山伝承館に行って来ました。秋田市内から車で1時間ほどでしょうか。左上の方向にあります。 ずっと「おじか」と読んでたのですが、「おが」なんですね。(^^ゞ

P8070786

なまはげには角があるので鬼だと思ってたんですが、神様らしいです。地区によりなまはげの顔も道具も違っていて、ここのなまはげは角がなくて道具を持っていませんでした。 なまはげ行事は迫力があって面白く、観客の笑いを取りながら話が進んでいきます。 これは見る価値ありますね。 ずっと残して欲しい行事です。

P8070825

となりのなまはげ館には、全地域のなまはげが勢揃いしていて、なまはげ大集合状態になっていました。 なまはげの格好に扮することができるのですが、この衣装を着てしまうと誰が誰だか全然分かりません。秋田に行ったら、竿燈まつりとなまはげを是非!

| | コメント (2)

竿燈まつりを見てきました

いや~、暑いっすねぇ。東京も連日猛暑で記録作っているそうですが、東北もべらぼうに暑かったです。北に位置するからもっと涼しいと思ったのに。 もう、佐渡では屋根開けて300m走ったところで諦めて閉めましたよ。死んじゃう。

P8060605

竿燈まつりの計画を建てたのは5月のGW明けたころなんですが、最初はねぶた祭に行こうとしてました。ところが、すでに宿が取れなくて、じゃ竿燈まつりはどうだ? と探したら、いつもの系列ホテルが倍の値段で部屋が残っていて、竿燈まつりに変更になったしだいです。 で、新潟を通って秋田に向かう計画だったので、佐渡によっていきました。ちゃんと座って見れるように観覧席も確保しときましたよ。 

P8060604

ホテルは祭り会場の目の前なので時間調整は余裕。もっと階が低かったら窓から見ても面白いだろうなぁ。祭りが始まるまでに、稲庭うどんを食べ、県立美術館で絵画を見て、時間になるまで部屋で涼んでました。

P8060607

そろそろ始まるので出かけたところ、ちょうどパレードの先頭。一緒にあるいて進むんですが、席がなかなか見つからない。実は席順の地図は裏表あって、片面しか見てなかったら、ずっと先だというのが警官に場所を訪ねて判明。それでも間に合ったから良かったけど。

P8060615_2

会場には竿を寝かして入場してきて、合図で立てて演技がはじまります。長いからバランス取るのはそんなに難しくないんじゃないの?と思ってたんですけど、1本50kgもあるので、それを持ち上げる事自体が大変ですわね。力がいるので竿を上げるのは男衆で、太鼓と笛で囃し立てるのが女衆の役目みたいです。

P8060629

長さ800mの道路の両側に竿燈がいっぱい並んで演技、演技時間が終わったら移動して、また演技を3回繰り返し終了。いやー、なかなか面白い祭りだわ。 提灯の明かりがチラチラしているので、本物の火なのかぁ? でも燃え上がったら大変だぞー。失敗して竿が倒れると勢いで火が消えます。本物のロウソクでした。 あとで聞いてみたら、ときどき燃えるみたいです。 竿が観客の上に倒れかからないよう、沿道の電信柱にはワイヤーが張ってあって、竿はそこに引っかかります。なかなか考えてあるわぁ。

しかしまあ、来年、ねぶた祭に行くか?と聞かれたら、この暑さ。ちょっと考えてしまいますねぇ。 新潟・山形・秋田、どこにいっても日中は34度ぐらいはあります。 帰りの東北道では38度になってました。山間部なのに。
それにこの3県をまたがる日本海側の高速道路が、途中でところどころ切れていてアクセスが悪い。 新潟から秋田まで1日で移動するつもりだったのに、とてもじゃないけど強行軍になりそうだから、途中で1泊いれたら、そこは山形でした。

| | コメント (0)

佐渡の古い小学校がいい

秋田の竿燈祭りを見るために、新潟から日本海側を回って秋田に向かいます。が!新潟って回ったことがないので、まずは金山とトキで有名な佐渡ヶ島に寄ってみようかと。

P8040387

たぶん、一番有名なのは金山だと思います。でも、あまりに観光化しすぎていて、ちょっと残念な感じかなぁ。世界遺産登録を目指しているそうですが、これまでまわってきた世界遺産になったところは、もっと趣があって歴史的な価値をアピールしています。金山はちょっと観光客目当ての感じがしてイマイチ。

P8040405

もう一つ有名なのはトキ。日本古来のトキは絶滅して中国からもらったトキを繁殖させているようですが、これがまた、遠くから眺めるだけで間近で見ることが出来ません。トキは随分臆病な鳥らしく、驚かせないように人間は薄暗い部屋の中から遠巻きに観察です。そりゃ望遠鏡とかありますけどね。もっと間近で観れるものだと思ってました。

P8040324

で、ほかにはたらい舟にも乗ってみたし、復元した千石船も見てきました。オール木造の千石船は水漏れとか大変だったでしょうね。カリブの海賊に出てくる船もだいたいこんな形してますが、作り方は似てるんでしょうか。

P8040358_stitch

船大工が集まった集落のなかに、三角形の家があり、それがJRの広告で使われたものだから、みんなその写真を撮りにやってきます。我々もそうですけど。

P8040330

ほかにも見どころはたくさんありますが、一番良かったのは、千石船の展示のとなりにあった佐渡国小木民俗博物館という施設です。ここには古い道具がたくさん展示されてますけど、びっくりするのはこの建物が大正9年に立てられた小学校だということです。廊下を歩いていると、これ学校なんじゃね? という雰囲気になり、教室が現れ、椅子と机が並んでいるのをみて、やっぱり小学校だ。と気づきます。

宿直室とか工作室とか教室がたくさんあり、入れない部屋もありますけど、たくさんの骨董品が飾ってあり、ちゃっと見て歩くと半日はかかるのではないかと。その量が凄いです。

P8040344_stitch

みんな千石船を建物の外から写真撮って帰ってしまいますが、この小学校の建物には気づかないようです。もったいないなぁ。もう映画の1シーンにタイムスリップした気分になりますよ。佐渡にいったらぜひ寄ってみてきてください。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧