リアルな食品サンプルの製作体験が面白い

タミヤ本社の見学やツインメッセ静岡の展示会など、最近、ちょくちょく静岡の西の方に出かけることがありまして。何か面白いものがないかなぁと探していたら、焼津市に食品サンプルの製作体験ができる「葵サンプル」というところを見つけました。電話で予約して早速行ってみます。午前と午後に分かれているので、午後1時に予約してみました。

Img_20191001_123532

工房には沢山のサンプルが並んでます。体験は大中小があって、大は大掛かりなので予約時に何を作るか決めときます。今回はたこ焼き。奥様は中のパフェを作ることにしました。

Img_20191001_130009

最初にアイスクリームを作ります。樹脂の粉をこねてピンクに色付け。それをスプーンですくうと、とってもサーティワンアイスのようなリアルなアイスになります。

Img_20191001_130456

ガラスの器に白と赤の樹脂を絞って流し込むと、生クリームのような層が出来上がり、その上に細かい部材をトッピングしていきます。

Img_20191001_132008

上に盛り付けるフルーツをいくつか選んで、アイスを乗せたあとに、盛り付けていきます。

Img_20191001_132651

それをケースに入れて完成。樹脂が自然に固まるには時間がかかるので、中サイズのパフェは持って帰れるけど、大サイズのパフェだと崩れるかもしれないので、車で帰るならなんとか。

Img_20191001_132803

次はたこ焼き作ります。まず型があるので、その内側に紅生姜とネギをタネのクリーム地を接着代わりにして、内側に貼り付けていきます。

Img_20191001_131805

更に周りにタネの樹脂を流し込んでオーブンで焼いて取り出すと、たこ焼きのボディが完成。昔はロウで作ってたんですが、今では樹脂をつかうそうです。ロウだと冷やすけど、樹脂は固めるために焼くんですね。

Img_20191001_133503

1つ1つに焼き色をつけて、船に並べて接着剤でお互いにくっつけます。

Img_20191001_135012

最後にソースをかけてマヨネーズを掛け、一旦焼きます。そして、鰹節、花鰹、青のりをトッピングして完成。

Img_20191001_141133

これ、うまそうに出来たので、持って帰って茶棚に飾っておきましょう。初めてでも丁寧に教えてくれて、難しいところは手伝ってもくれるので心配いりません。リアルさを出すには、キレイに並べて部材を並べたり塗ったりするより、適当なほうがいいみたいです。

 

| | コメント (0)

クルーズの寄港先でレンタカーを借りる

これまで4回クルーズ船に乗ったことがありますが、両親と一緒に回ったコスタロマンチカとダイアモンド・プリンセスでは、寄港地でレンタカーを借りて観光して回りました。クルーズ船が用意するオプショナルツアーがありますが、値段が高い上に団体行動になるので、足取りが遅い老夫婦には追いつくのが大変なのと、好きな場所に行けないというのが大きな理由です。以下に挙げた港では、実際にレンタカーを借りたので、みなさんのクルーズ旅行の参考に情報を共有しておきます。

<<<境港>>>

フリーレンタカー  境港クルーズ客船(出張営業所)

港の岸壁までクルマを届けてくれます。船を降りてすぐに乗れるのが便利。足立美術館がおすすめです。

1

 

<<<舞鶴>>>

オリックスレンタカー 舞鶴港クルーズ船カウンター

岸壁から歩こうと思えば歩ける距離ですが、クルーズ船の近くにタクシー乗り場があるので、お年寄り同伴なら、ちょっとだけ乗るのも手です。天橋立や伊根の舟屋へ行きました。

2_20190829071001

 

<<<福岡>>>

日産レンタカー 天神店

近くにレンタカー店はありませんが、繁華街までバスやタクシーが簡単に拾えるので、タクシーでレンタカー店まで行くことをお勧めします。ここから太宰府天満宮まで行ってきました。

3_20190829080001

 

<<<下津>>>

カースタレンタカー和歌山西浜店

この港でレンタカーを借りるのはかなり至難の業です。クルーズ船が用意したシャトルバスで和歌山市内へ向かうか、徒歩で2km離れたレンタカー店まで行くかです。ダイアモンド・プリンセスで寄港しましたが、タクシーには待ち行列ができていたので、キックボードを使ってカースレンタカーまで移動しました。それを見たお店の人は笑ってました。乗客はほとんど和歌山市内へ出かけたようですが、我々は醤油づくり体験に出かけ南下しました。穴場です。

4_20190829081101

 

<<<高知>>>

タイムズレンタカー高知駅前

高知の港の近くにはまったく店舗がありません。クルーズ船が用意したシャトルバスではりまや橋バスターミナルまで移動し、そこから徒歩でレンタカー店まで移動します。今考えると、4人でシャトルバスの料金を払うなら、タクシーで店舗まで移動でも良かったかも。ただし、かなり離れているのでタクシー料金が心配です。坂本龍馬記念館や坂本龍馬像などあります。

5_20190829082001

 

<<<長崎>>>

トヨタレンタカー大浦店

クルーズ船が接岸する場所から、ほぼ道を渡って反対側にあるので、とてもアクセスが良いです。ただ、路面電車が走っているので、道の反対側からクルマの返却にやってくると、どういうふうに店に入っていいのか迷います。午前は軍艦島に上陸し、午後にはカトリック馬込教会に行きましたが、ここは道が細いので最後までクルマで登らないことをおすすめします。

6_20190829082601

 

<<<油津>>>

ニコニコレンタカー日南星倉店

以前に油津に行ったことがあるので、現地での足の確保はとても心配でした。唯一見つかるレンタカー店も8kmぐらい離れていて、とても歩いていける距離ではありません。当初はシャトルバスで油津駅に移動し、そこから2駅先まで移動して、歩いてレンタカー店まで行くつもりでした。しかし、問題は電車の本数が極端に少ないので、1本乗り遅れると1時間予定が狂います。ところが、油津はプロ野球カープのキャンプ地で、観光客がたくさんやってくるところだけあって、タクシーも頻繁に回っており、電話するとすぐに迎えに来てくれます。結局、接岸したところからタクシーに乗ってレンタカー店まで往復しました。他にも数組、同じようにしていました。鵜戸神宮や青島神社があります。

7_20190829083001

以上、これまでクルーズで借りたレンタカー情報ですが、みなさんのお役に立てば。

| | コメント (0)

確かに旨いです、柚子梅つゆ

Img_20190828_072428

下津港から湯浅醤油に行った時、売店に入ったら、この瓶がズラッとならんで、テレビで紹介されたと書いてありました。まあ、そういうのは気にしないほうですが、試しに試飲(ゴクゴクと飲むわけじゃないです。スプーンにちょっと垂らして舐める程度)してみると、柚子の風味が広がってとっても美味しい。 帰りに自宅と留守番のオバちゃん用に、合計3本買ってきました。

普段、そうめんなどを食べる時は、ネギ、生姜、みょうがなど、薬味をいくつか用意して、つゆに入れながら食べるのですが、この柚子梅つゆを使うと、柚子の香りが薬味の代わりになって、他に何も足すことがないです。

Img_20190817_160922

この写真、よーくみたら気づくかもしれませんが、キャップの色が赤いです。もともとは桃色なんですが、テレビで紹介されてたくさん売れたため、キャップの製造が追いつかず、一時的に赤いキャップを使っているそうな。 

| | コメント (0)

醤油づくり体験が面白い。醤油発祥の地、浅田醤油

この前、クルーズ船にのって和歌山県の下津港に行きました。いつも港ちかくでレンタカーを借りて観光するのですが、和歌山市内にいっても平凡なので、なにかおもしろいものがないか探してみたら、和歌山県有田郡湯浅町というのは、醤油発祥の地、らしいです。工場見学と醤油づくり体験たできるというので、湯浅醤油にGO。

Img_20190817_150221

クルーズ船が接岸した場所から、30km、クルマで小一時間ぐらいで着きます。この樽は現役で醤油が入ってます。もう樽を作れる職人さんがいなくなって、この形のはもう手に入らないんだとか。

Img_20190817_150519

醤油の原料は、大豆、麦、塩、麹カビ、水。なぜここが醤油発祥の地になったかといえば、金山寺味噌を作ったときに溜まった汁を飲んでみたらうまかったので、それがだんだん醤油になっていった、とのこと。やっぱり味噌と醤油は紙一重なんですね。

Img_20190817_151122

いま仕込んでいる最中の醤油。1つの樽で、一升瓶で3万本だったかな?3千本だったかな。醤油が作れるそうです。

Img_20190817_151753

できあがってきた醪は、この機械で絞って、滴り落ちたのが醤油。

Img_20190817_152933

で、有料なのですが、工場見学をしたあと、醤油づくり体験をします。大豆にはすでにカビがついていますが、これらの材料をペットボトルの中に仕込みます。

Img_20190817_155729

問題なのが、この仕込んだ醤油を持って帰って、1年ぐらい世話して、やっと本物の醤油になるらしいです。最初の1週間は頻繁にかき混ぜたり空気を入れ替えたり。いまからだと正月ぐらいには、まあまあ若い醤油として味わえるそうな。 まるでぬか床の世話みたい。 でも醤油がどんな風にできあがるのかよく分かりました。和歌山県にいったら体験してみてください。

| | コメント (0)

ファスナーの手作り体験が面白い!YKKの工場見学

ホタルイカを見に行ったのは滑川なのですが、他に観光スポットがほとんどありません。なにかないかなぁ、と、こういうとき現地で「工場見学」で検索してみると、意外と面白いものが見つかるのでおすすめ。今回は2つとなりの黒部市にYKK本社があり、ここにYKK Center Parkというファスナーについてのミュージアムがあるのを見つけました。YKK、みんな知ってるYKKですが、こんなところが地元だったのですね。9時から開いているので早速行ってみます。

Img_20190326_115709

YKKって、会社の名前だと思ってました。いや、確かに今は会社の名前なのですが、ついこの前まで、「吉田工業株式会社」が会社名で、その頭文字Yoshida Kougyo Kabushikigaisyaの頭文字を取って、YKKというのがファスナーの商標だったのでした。YKKのほうが全然有名。偶然かわかりませんが、YKKがある住所も「吉田」です。最初から吉田だったのか、あとから吉田になったのか。 ちなみにYKKは株式上場してません。あと、この辺にいっぱい工場がありますが、全世界にいっぱい工場を持ってます。まあ、ファスナーってYKKしか作ってないんじゃね? ぐらい有名ですからね。

Img_20190326_093600

敷地内にある建物のうち、2つが展示館になっていて、残念ながら、展示物はほとんど撮影禁止です。子供向けの展示もたくさんあり、いろんなところにファスナーが使われていることや、いろんな種類のファスナーがあることが勉強できるようになっています。 で、到着して受付でどこから来たか記帳してたら、ファスナー手作り体験の看板があって、まだ申し込みできる空きがあったので、やってみることにしました。一人800円です。11時開始で、館内の展示物を一通り説明してもらったあと、手作りコーナーにいって、昔ながらの方法でファスナーを作ってみます。

Img_20190326_104516

いやー、この小さいブツブツ。エレメントと呼ぶのですが、これをクシの隙間に手で1個1個植え付けていきます。これがまた小さくて大変。エレメントには向きがあるので、揃ってないとファスナーが締まりません。私達2人のほかに、春休みなので他に子供が4人いたのですが、もうキャーキャー大変でした。

Img_20190326_104954

エレメントを植え付け終わったら万力のようなもので、挟んでガンガン圧力をかけて、エレメントをテープに食い込ませます。そして、スライダーという移動する部分を取り付け、下止、上止という金具を端に金槌で打ち付けて完成。機械化される前は、これを手作業で一人1日100本ぐらい作っていたそうです。それでは量産できないし、品質が安定しないし、値段も安くならないので、海外から自動化する機械を買って、研究して、自分たち用に機械を作って、それから材料から方式から、いろんなものを追求していったら、世界一になっちゃった。という歴史。

Img_20190326_111240

出来上がったファスナーはキーホルダー型になってて、とてもかわいいです。テープの色、スライダーや引き手はたくさんの種類から選べます。もちろん、これは持って帰れます。

展示のほかカフェもあり、スイーツや昼食も食べられるようになっているので、11時からファスナー作って、お昼を食べて帰る、というコースがいいかもしれませんね。創業者の吉田さんは、亡くなるまで社長をやっていたそうですが、偉そうでなくエンジニアっぽくて腰の低い人だったようです。ホタルイカを見に行ったら、ぜひYKKセンターパークにも寄ってみてください。

| | コメント (0)

ほたるいか海上観光に行ってきました

ホタルイカの素干しって食べたことあります? 酒の肴にはもってこいのおつまみですが。 3月も下旬になりホタルイカのシーズンになりました。一度、あの漁をして光っているホタルイカを見てみたくて、平日に行ってきましたよ。予約が必要ですが、休みの日は結構埋まっています。3月26日は今シーズン2回めの運行だったです。


予めホタルイカミュージアムに行って、ホタルイカの勉強をしてくるのをおすすめします。いきなり行ってもあまり理解できないし、船室で説明しているのがエンジン音で聞き取りにくいので。朝2時半、ホタルイカミュージアムに集合です。受付でお金(一人5千円)を払ったら、チケットと説明書きと、ライフジャケットを受け取って身につけます。無料で観光写真のような日付が入った記念写真撮影も撮ってくれます(あとで人数分もらえる)


Img_20190326_022739


午前3時、観光船の乗るために、港に向かってみんなで歩き始めます。歩いて5分ぐらい離れているでしょうか。


Img_20190326_025652


乗客はたぶん40人ぐらい。それに船員さんが6人。もっと大きな船かと思ったら、いがいと小さい。補助席も使って満員です。


Img_20190326_030204


このホタルイカ観光船は、ホタルイカの漁をしている漁師さんの船に近寄っていって、ちょっと見せてくださいね! という趣旨のものです。だから、漁をしているのは本物の漁師さん。本来なら電気をつけたまま漁をするのですが、最後の最後に電気を消して、ホタルイカが光るところを見せてくれます。仕掛けてある定置網を2隻の船で挟むようにして網を巻き上げていって、最後にホタルイカがざわざわして光るということです。 それにしても、うみねこがたくさん。網にいっしょにかかるイワシなどの小魚を狙ってやってくるそうです。


ビデオをよく見るとテレビ取材のマイクがあるのがわかります。そして水色のカッパを着てひときわ背の高い人がいるのですが、それはタレントのウドちゃんでした。テレビ番組の取材にきて、一緒に漁をしているみたいです。



港にあがったホタルイカを仕分ける漁師さんたち。今回は他の魚もたくさん入ってきて、素手で仕分けをするそうです。


Img_20190326_044842


水揚げのところで、神棚にお祈りしているウドちゃん。なんか体格が大きいのね。


Img_20190326_045401


ひとカゴが50kgの重さだそうです。これが定置網2回分の水揚げ。ニュースでは、だんだんホタルイカも獲れないらしくて、漁師さんも大変ですね。それに、このホタルイカは春しか獲れないので、完全に観光化して収益を伸ばすというのも難しいですし。実際のところ、よくパンフレットで見るような、光り輝くホタルイカというのは見れなくて、ああいうふうになるのは、ほんと珍しいことらしいです。電気を消せば、ぼんやり光るホタルイカが集まっているのがわかるぐらいで、LED電飾のようにはいきません。でも、一度見てみたかったので満足しました。



 

| | コメント (0)

CES2019に行ってきました。水に関係するものを集めてみました編

しばらく水中ロボットを作っていたものだけら、展示ブースに水に関係するものがあると、ついつい寄っていってしまうわけです。今回のCES2019にも、結構ありました。 しかし、昨年と違って、大きく2つの潮流に集約していってます。 1つは、水中ロボットの形ですが、三角形の形にみんな揃っていってます。 こんな具合に。

 

水中ロボット

 

この形の性能がいいとなると、みんな1年でマネてきます。 あと、水中スクーターの部類は、両手で握って引っ張ってもらう形になっていってます。 たとえばこんな具合に。

 

水中スクーター

 

これと同じ形をしたものを、ほかにもいくつか見ました。

 

水中スクーター

 

なので、もうこの2つの道具に関しては成熟期に入ってきました。たぶんみんな中国企業です。他の国のはあったのかな。 このロボットは水上ロボットで、水中の観察は釣りをしてくれます。オプションで魚群探知機をつけることができ、実際に針をトローリングして釣って帰ってくると。 大丈夫なのか? でかい魚がかかったら水の中に引き込まれるぞ。

 

水上ロボット

 

あと、傾向として、これまでワイヤーでコントロールしていたものが、Wifiを使った無線になりつつあります。 ほらね! ワイヤーなんて面倒なのよ。 ハコフグちゃんやクラゲちゃんは最初からWifi接続。 

 

あと、変わったところでは、この企業は水関係ロボットを制覇しようと意気込んで見るみたいです。ドローンのDJIみたいなのを目指しているんでしょうか。 

 

水中ロボットの会社

 

このサメ型は何に使うつもりなんでしょう。 ジョーズの映画で使うとか?

 

サメ型ロボット

 

そして、なんといっても、今回、いちばん気に入ったのは、この電動サーフボードだかボディボードだか。これは新しいジャンルですね。 でも、これ、海水浴場でつかったら危なくない?

 

電動サーフボード

 

 

 

| | コメント (0)

ラスベガスでオラフのセル画を買ってきました。GOLD & SILVERという質屋で

実はですね、CES2019は火曜日から金曜日まで四日間あるんですが、毎日歩き疲れて、4日目には行く気力が出ません。それに、最後の日は半日ぐらいしか見れないし。 というわけで、なにかおもしろいものがないか探したら、セグウェイで街を観光して歩くツアーがあったので、行ってみることにしました。

セグウェイの練習風景

4人で行きましたが、3人はセグウェイ経験済み。むかし、富士急ハイランドで千円で体験できるというので乗ったことがあるんですわ。 ヘルメットつけてちょっと練習してスタート。

セグウェイで街中を散歩中

乗り始めて最初の5分ぐらいは不安だったけど、なれてくると楽しいねぇ。歩道も車道も自由自在。最高速度は30kmぐらいでるかな。これがあれば1日に20kmとか30kmとか移動するの、簡単だわ。車道は自転車レーンを走っていたので、アメリカでは自転車の扱いになるのかな。

途中で名所の説明を受ける

ときどき名所旧跡で説明を受けて。といっても、歴史が浅いから一番古い建物でも1930年とかなんですけどね。
街にはいたるところにアートっぽいものがあって、これなんか、工事中の家らしいのだけど、このヘンテコリンなオブジェはなんでしょう? って感じです。

工事現場の不思議なオブジェ

それで、途中で土産物屋みたいなところに寄ったのですが、中はアクセサリーや絵画があって変な店だなぁ、とだんだんわかってきたのは、ここは有名な質屋らしいです。 GOLD & SILVERという店らしい。 そこでディズニーのオラフのセル画を見つけました。 お値段399ドル。 奥様、値切ってというので350ドルと言ったら、奥に持っていって相談してました。 で350ドルでお買い上げ。

質屋でオラフのセル画をお買い上げ

奥様はうふふです。 これが買ってきたセル画。まあ、ラスベガスのダウンタウンに行ったときには寄ってみてください。ここが、そのお店のほHPです

買ってきたセル画

実は、オラフはハリウッドに寄ったとき、土産物屋からずっとついてきたのでありました。

セル画を飾ってみた


| | コメント (0)

CES2019に行ってきました。その前にサンディエゴ

サンディエゴに空母ミッドウェイが停泊していて見れるというので、ロサンゼルスからサンディエゴまで移動です。サンディエゴは港町みたいな綺麗なところ。なぜ、ここに退役した空母があるかといえば、ここに海軍基地があるからみたいです。

P1068704pano

空母って大きな運動場みたいなものですね。武器は積んでないけど戦闘機がたくさん。甲板には戦闘機も飾ってあるので、いろいろ楽しめます。これ、台風がきたら転げ落ちないのかな。

Img_20190106_132946

カタパルトが動いているのを見てみたかった。出発の指示出す人のマネをしてみたけど、自然に親指が立ってしまうのはクレー射撃のためか?

P1078826

ここからラスベガスへ560km移動するのだけど、途中に大谷翔平選手がいるアナハイム・エンゼルスの球場によってグッズを買ってきました。この帽子なんか漢字でデカデカと書かれていると、ちょっと買わないよね。

| | コメント (0)

CES2019に行ってきました。その前にロサンゼルス

去年に引き続き、今年もCES2019に行ってきました。前回は主だったラスベガス近辺の観光地は回ったので、今年は、ロサンゼルスから前入りして、観光してからCESに向かおうかと。レンタカーかりてフリーウェイ走るの、少しは慣れたけど、都会は車が多くてとっても怖い。すぐ、降り口と分かれ道間違えるし。

P1058564

サンディエゴに空母を見に行く日程だったけど、ロサンゼルスにも戦艦アイオワが停泊しているという情報が入ったので、予定変更して行ってみました。この主砲、直径が40cmもあって、デカイです。

P1058526

弾もこんなにデカイ。これが30km以上飛ぶんだけど、ミサイルが出てきたら、割が合わないので今は主要は武器ではないそうです。もう、戦艦なんて作らないものね。

P1058623

無料で駐車できて、中心地に近いホテルを、と探したら、このモーテルになりました。ホテルとはぜんぜん違うけど安いから許す。

P1058589

ゲティ美術館という無料の美術館があって、石油王だった人が作ったんだけど、ここに75億で落札した絵が普通に飾ってあるんだけど、本物なのかな。レプリカにしてないのかな。

P1058666

あの有名なハリウッドサインに車で行ってみようとトライしたんですが、だんだん道が狭くなってたどり着けませんでした。どっかに車停めて、歩いて登らないと駄目なのかな。

P1058647

有名人の名前が星になっていっぱい通りに埋め込まれているところ。人だかりができていたので覗いたら、トランプ大統領のだった。それがまた、他の星と比べると、黒ずんでて汚くなっているし。みんな靴でグリグリ踏みつける人がいるんだと思う。 ま、仕方ないね。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧